スマホ事件簿

リアル!「○○にモザイク」施すグッズ登場

2015.10.22 THU


SNSに載せてほしくない人もこれでバッチリ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ネットに写真を投稿する際に、写っている人の許可を得たり、もし無許可であれば画像を加工したりといった作業を行うのは、ひとつのマナーだが、そんな作業を簡略化するアイテムが登場し、話題となっている。

LINE、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなど、画像を添付できるSNSで注意をしなければいけないのがプライバシーの問題。友人同士で撮ったとしても、公開されたくなかった写真がSNSに投稿されると、不快な気持ちになるものだ。ただ、撮影者からすると、それぞれ許可を取ったり、写真を加工したりするのはわりと手間なので、疎かになりがちなのも事実…。これを発端としてトラブルに発展してしまうこともあるだろう。

そういったトラブル回避のために一役買ってくれるのが、ekoD Worksが開発した「eyeMosaic Bar」だ。このアイテムは、「目の部分にモザイクがかかった絵柄」がプリントされているスマホケースで、「撮影時にサッと構えるだけで目元にモザイクを施こせる」(商品解説より。原文ママ)という優れモノ。もしアナタがSNSへの顔出しNGならば、撮影時にスマホを目元にかざすことで、撮影者がアナタの顔にモザイク加工を施す手間が省けることになる。

このアイテムに対し、ツイッターには、

「これは便利!……なのか?」

「そこまでするなら、最初から写真に写らなきゃいいのでは?」

と、疑問やツッコミが寄せられているものの、

「いいなこれw」

「これがいのべーちょん…」

「ちょっと欲しいかも(^^ゞ)」

「バカバカしいけど、欲しい(*゜▽゜)ノ>」

など、評価する声も寄せられている。また、

「いっそ、あこがれのキャラの目になるやつも」

と、別のデザインを提案する意見もあがっている。

確かに、写真加工は撮影者の手間になるし、かといって加工の手間をなくすために…と集合写真から一人外れるのも場が白けてしまうもの。意外と(?)役に立つシーンはありそうだ。

(金子則男)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト