スマホグッズ探偵団

サイクリングの記録を取るセンサー

2015.10.26 MON


幅76.5×高さ64.4×奥行き17.3mm(突起部含む)、重さ約20g(電池含む)、防水性能IPX6相当、電池寿命約1200時間
季節はまさにスポーツの秋。日頃なまった体を運動で引き締め直すには絶好の時期です。ランニングや水泳など運動にもいろいろありますが、風を感じながら駆け抜けるサイクリングもこの季節にはオススメ。膝などにかかる負担が比較的少なく、結果的に有酸素運動を長時間続けられるため、効率的なダイエットが望めるのだとか。

せっかく「運動」を意識して自転車をこぐのであれば、その成果をしっかり確かめたいもの。そんな人にはコレ! 『HACALO!サイクリングセンサー』は、サイクリングの様々な記録をつけることができるセンサーです。センサー本体は自転車のフレームに、計測用のマグネットはスポークに取り付けて使用します。あとはスマホに専用アプリをインストールすれば準備完了。

自転車を走らせるとセンサーがタイヤの回転を読み取って、速度や距離、ペダル回転数、走行時間といったデータをスマホアプリにBluetoothで送ってくれます。センサーにはIPX6相当の防水加工が施されているため、急な雨に遭遇しても安心です。

そして、スマホアプリ側では自転車からのデータを蓄積すると共に、GPSを使って位置情報や走行経路、斜度も計測してくれます。別製品の「HACALO!ハートレートセンサー」と組み合わせれば、心拍数や消費カロリーも計測することが可能。移動した経路はマップで表示でき、速度や心拍数はグラフでリアルタイムに確認ができます。

すべてのデータはアプリ内で管理できるので、日々の結果を振り返るのにも役立ちます。少しでも成果が出ているのを確認できれば、モチベーションアップにもつながりますよね。

なお、運動を習慣化するには、誰かに宣言をするのがほどよいプレッシャーとなり上手くいくそうです。HACALO!の専用アプリではワークアウトの結果をSNSでシェアすることが可能。記録を順次公開していけば、三日坊主を回避できそう。サイクリング仲間も見つかるかもしれませんね。

(井上マサキ)『HACALO!サイクリングセンサー』(センチュリー/参考価格:3980円)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト