スマホ事件簿

「パズドラ」協力プレイ 評判は上々

2015.10.30 FRI


パズドラに実装された協力プレイ。現在はテストを兼ねた「α版」といった位置づけで、経験値やアイテムなどの報酬はない ※この画像はサイトのスクリーンショットです
パズルRPG『パズル&ドラゴンズ』(以下、パズドラ)は10月29日から、2人のプレイヤーで1つのダンジョンに挑戦する「協力プレイダンジョンα」をiOS版アプリ先行で実装した。

これまでパズドラでは、「フレンド」として登録しているユーザーに、アイテムを贈ったり、別のユーザーの所有するモンスターを助っ人として使用したりすることができた。しかし、ゲーム自体は1人でのプレイにしか対応しておらず、2人のユーザーがリアルタイムで協力しながらプレイすることはできなかった。

今回実装される「協力プレイダンジョンα」では、自分と協力プレイヤーが交互にドロップを操作し、プレイする。まさに、2人の力を合わせて、1つのダンジョンを攻略することとなる。

2012年に登場して以来、大人気アプリとなったパズドラ。しかし、最近では『モンスターストライク』などの競合アプリの存在もあり、その人気も一段落といったところだった。

そんな状況下での協力プレイ実装ということで、ツイッターでは、

「パズドラ今更協力ダンジョンかwww遅くないですかね?」

「やっとパズドラ協力機能が実装されるか 待ちわびたぞ」

などと、少々遅いのではとの意見も寄せられていた。

そして、10月29日、日付が変わるとほぼ同時に協力プレイが実装されると、ツイッターでは、

「パズドラの協力ダンジョンやりだしたらこんな時間に…。緊張感はんぱない!」

「パズドラの協力プレイめちゃ面白いwww」

「やばいパズドラ協力でもちべあがってきた」

と、感想があがっている。

実装直後の深夜に協力プレイをしているということで、比較的ヘビーなユーザーが多かったのかもしれないが、協力プレイの評判はまずまずといったところ。満を持して実装された協力プレイが、パズドラ人気復活のきっかけとなるかもしれない。

(小浦大生)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト