スマホ事件簿

任天堂スマホゲーム、課題はスピード感

2015.10.31 SAT


株価が急落した任天堂。期待が高かった反動? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
任天堂が10月29日、開発中のスマホ向けゲームの配信時期を2016年3月へ延期したことが報じられ、波紋を呼んでいる。

任天堂は、今年3月17日、DeNAと資本および業務提携を開始。任天堂がスマホ向けゲームに乗り出すことは大きな話題となり、ゲームは年内中にリリースするとされていた。29日の発表前には、“この日ついにスマホゲームの発表か”とも報じられ、楽しみにしていたファンも多かった。しかし実際の発表は「ゲームのリリース延期」…。直後に株価は急落するなど、がっかりした人が続出した模様。

ツイッターに投稿された声をみてみると、

「任天堂の新しい会員サービス、延期か…。楽しみにしてたし結構ワクワクできる内容なだけに残念」

「任天堂のスマホゲーは来年まで延期か~。残念…( ´△`) ただ、そのぶん、今までにないクオリティのスマホゲームを作ってると信じたい!」

と、やはり落胆する声が多数。また、

「うーん、元々の期待が大きかったというのもあるでしょうが、残念ながら、スマホゲーム開発でのフットワークではないと、以降にリリースされるものに関しても厳しい見方をされてしまうことになりそうです」

「これは非常に残念。原因も曖昧で先行きが見えないので市場が敏感に反応したんでしょう。それだけスマホ事業への期待も高かったということ。スピード感はぜひとも改善していただきたいですね」

「延期は残念だが、同時に『やはりこっちではないのでは?』という気もする。そろそろいわゆるゲーム機でない、任天堂第三の創業の時期じゃないだろうか」

と、残念な気持ちと同時に、ゲームリリースまでのスピード感に課題を見出す声もある。

任天堂にとっては初のスマホゲーム。開発スピードについては今後の課題だろうが、3カ月延期されたとあって、ますますファンの期待は高まるばかりだ。

(花賀太)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト