スマホNEWS&TOPICS

やりすぎ!?恋人達の束縛スマホルール

2015.11.09 MON


エピソードを収集するなかで意外に多く聞こえてきたのが、「束縛されることで、愛されていることを実感できて嬉しい」という声。本人達が満足しているなら、やりすぎな束縛も深~い愛情表現のひとつ…ということ?
恋人同士のお付き合いに、ちょっとしたヤキモチは付き物。でも、相手のことを気にするあまり、度を超えた“束縛”ルールを設けているカップルもいるのだとか。そこで、周囲の人にスマホにまつわる恋人間のルールを調査したところ、ソフトなものからキツイ内容まで、様々なものが…! その一部をご紹介します。

●二人の間に秘密はナシ!系

「お互いのケータイをいつでも見ていいというルールがある」(30歳・女性)

「カレンダーアプリの共有をして、お互いの予定を把握している。入力していない予定があると怒られる」(31歳・男性)

●連絡はマメにしてほしい!系

「寝る前にはかならず電話すること」(27歳・男性)

「毎朝モーニングコールをする」(28歳・女性)

「彼女からLINEや着信があったら、2時間以内に返信しなくてはいけない。『仕事中でも飲み会でも、トイレに行くフリをしたら連絡できるはずでしょ』と言われる」(22歳・男性)

●自分だけを見てほしい!系

「待ち受け画面を彼女にしておくこと」(29歳・男性)

「目の前でスマホをいじる時は、何をしてるか言わなくてはいけない」(31歳・女性)

「ふたりの記念日を知らせるアプリに登録されている。『付き合いだして何日目』という通知がくるたび、祝って欲しいのかな?と感じて地味にキツい」(30歳・男性)

プライバシーや相手の都合もなんのその、「恋人同士なのだから、一心同体でいたい!」という気持ちが感じられる内容。どのルールも、付き合いはじめでラブラブな二人なら苦にならないのかもしれないけれど、一度負担に感じ始めたらつらくなりそう…。

さらに、浮気や他の異性からのアプローチを恐れてか、独占欲が炸裂するこんなルールも。

●異性との連絡は禁止!系

「飲み会の時には、その場に男性がいないことを証明するために、周囲360度の動画を撮って彼氏に送らなくてはいけない」(27歳・女性)

「SNSで異性へのリプライ、いいね!などは禁止」(28歳・男性)

「LINEで男性を友達登録する際には、その人とどういう関係かを彼氏に逐一説明する。OKが出ないと追加できない」(27歳・女性)

「電話帳に入っている女子の連絡先を全て消された。大事な女友達の名前は、男の名前にしてカモフラージュしている」(29歳・男性)

これ以外にも、「GPSで居場所を把握されるアプリをインストールされていた」(27歳・男性)なんて話も…。ここまで行くと、愛の深さゆえと分かっていてもコワイ!

いくら恋人のことが大好きでも、相手に負担を感じさせてしまっては愛を育むどころか逆効果。恋人同士のスマホルールを作る時には、くれぐれもお互いに無理のないように気をつけて!

(有栖川匠)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト