スマホNEWS&TOPICS

昔懐かし「ガラケーあるある」TOP10

2015.12.03 THU


各メーカーが独自のOS開発をしていたため機種ごとのユニークな機能も特徴的だった 写真提供:Graphs / PIXTA(ピクスタ)
最近目にする機会が少なくなったフィーチャーフォン(ガラケー)。スマホ全盛になり、乗り換えてしまった人がほとんどだろう。ガラケー経験者ならわかるだろうが、特有の“あるある”があったもの。そこで、ガラケーを使っていたことがある25~39歳の男女250人に、「ガラケーを使っていた時、よくやっていた行動」についてアンケート調査を行った。

■ガラケー利用時によくやっていた行動TOP10

※「やったことのある行動」または「遭遇したことのある出来事」について複数回答。協力/アイリサーチ

1位 手持ち無沙汰な時、二つ折りのガラケーをパカパカする 41.2%

2位 電波を求めてガラケーを振る 36.0%

3位 メールが届いていないか気になり、頻繁に「センター問い合わせ」をする 26.0%

4位 ストラップをたくさんつける 20.8%

5位 画面を見ずに文字を打ち込んでメールを送る 18.0%

5位 長年使っていると、電池パックが膨らむ 18.0%

7位 着メロを自分で音階を決めて作成する 15.6%

7位 電池パックの裏などの見えないところにプリクラシールを貼る 15.6%

9位 メールの文字数が多いとパケット代が高くなるので文字数を抑える 13.2%

10位 ストラップを付けて首からぶら下げる 11.2%

※番外

11位 着信すると光るLEDアンテナを付ける 9.2%

12位 電池パックを取り出し、こする 4.8%

癖になっていた行動や、当時のサービスに応じた特有の行動がズラリ。特に1位の「手持ち無沙汰でパカパカ…」は二つ折りのガラケーならでは! 開閉の音とともに懐かしさを覚える人もいるのでは? そのほか、電波状況が今ほど整備されていなかったことから、「ガラケーを振る」(2位)、「センター問い合わせ」(3位)をするなど、試行錯誤していた人が多かった模様。

ちなみに、これらの他にどんなガラケーならではの出来事があったかを筆者の周辺を調査したところ、

「彼女に浮気がばれて、怒った彼女に携帯を『逆パカ』された」(29歳・男性)

「電池をものすごい勢いでこすると充電切れから復活する、という噂が流行って、夕方になるとクラス皆がこすっていた」(26歳・女性)

「カラーバリエーションが多かった(12色展開のものとかあった)ので、オリジナリティが出しやすかった。たまに友達と色が被るとすごい凹んだ」(26歳・女性)

といったコメントも寄せられた。

ああ、懐かしきガラケー…。今年の大掃除は棚の奥にしまった過去の機体を引っ張り出して、思い出に浸ってみる?

(山川 剛)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト