スマホ事件簿

自転車「ながらスマホ」被害者の声

2015.12.08 TUE


携帯やスマホをいじるのは、自転車を降りてから!
仕事やイベントが立て込み、まさに“言葉通り”に、師匠が走り回るほど、慌ただしくなる「師走」。つい、自転車や車を運転している時にスマホを見て予定をチェックしてしまう人もいるだろうが、自動車だけでなく、自転車の運転中のスマホ操作はもちろん道路交通法違反だ。

そもそも、自転車の“ながらスマホ”は「道路交通法」の「安全運転義務違反」であり、3か月以下の懲役か5万円以下の罰金刑だったが、今年6月に「改正道路交通法」の施行があり、3年以内に2回以上検挙された場合、または事故を起こした場合は、違反講習(有料)が義務付けられ、未受講者には5万円以下の罰金刑が適用されるようになった。

規定が緩くなったようにみえるが、実情はその逆。元の刑罰は重すぎて、そのまま適用すると、交通犯罪者がみだりに増えてしまうことから、警察はよほど悪質でない限り、目をつむっていたのだ。これが昨今の交通状況の悪化から見過ごせなくなり、柔軟な運用にすることで、取り締まりしやすくなったこととなる。

死亡事故なども発生している自転車の“ながらスマホ”だが、まだまだ認識が甘い人も多いようで、11月末から12月にかけて、ツイッターには、

「信号待ちしてたらスマホいじりながら運転してるチャリに衝突された…」

「自転車乗りながらスマホやってる同い年くらいの人とプチ事故おこした??

右足痛いってーの(〇`Д´〇)

怪我してたら激怒だわ笑」

「いま正面から、自転車乗りながらのスマホの男性に突っ込まれかけました。本当に危ないのでやめてください」

「細い道だったのでゆっくり車で走ってたら十字路でスマホ見ながら走ってた自転車が横切って当たりそうになった!ひくぞ~!危ないのでこれからはクラクション鳴らす!(`_´)ゞ」

など、実際に“ながらスマホ”の自転車事故に遭った、あるいは遭いかけた人からの報告が多数投稿されている。また一方で、

「スマホ見ながら自転車漕いでたら電柱に思いっきりぶつかってくそ痛かった、スマホ吹っ飛んだ」

「スマホ見ながら自転車こいでたら

棒に激突して靴壊れるわ、

ペダルおかしくなるわ、

またイヤホン壊れるわで最悪

やっぱりながら運転はよくないね」

と、「ながらスマホ」をしていて痛い目に遭ったという人からの投稿も…。

自分だけでなく、他人を巻き込む可能性もある“ながらスマホ”。年末年始、気ぜわしくなるシーズンだけに、十分に注意したいところだ。

(花賀太)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト