スマホ事件簿

iPhone純正ケース、ジョブズも失望?

2015.12.11 FRI


背面の出っ張りが不評なアップル純正のiPhone 6/6s用バッテリーケース ※この画像はサイトのスクリーンショットです
アップルが発売したiPhone 6/6s用の純正バッテリー内蔵ケース「iPhone 6s Smart Battery Case」が、ネット上で大ブーイングを浴びている。

先日、AppleはiPhone 6/6s用のバッテリーとシリコンケースが一体となった「iPhone 6s Smart Battery Case」を予告なしで突如として発売。充電式バッテリーを内蔵しており、本体の充電がなくなりそうになったら、iPhone本体下部のLightning端子を介して接続して電池の持ち時間を延ばすことが可能だ。バッテリー部分は本体の背面に出っ張った形で装着される。価格は1万1800円。

ケースは背面のバッテリー部分が奇妙に盛り上がっており、装着するとiPhone 6/6sの薄型ボディーが台無しになってしまうからか、ツイッターでは、

「これをApple製品としてリリースすることに、センスの消失を感じるのだ」

「これは何というかAppleらしくない気がする。どうなのかな?」

「こんな不細工なデザインが純正とは絶句」

などと、そのデザインを酷評するネットユーザーが続出する事態となっている。

また、「iPhoneの生みの親」と呼ぶべき存在である、元アップルCEOの故スティーブ・ジョブズ氏を引き合いに出し、

「ダッサダサのApple純正iPhoneバッテリーケース、ジョブズが見たら何と言うだろう」

「プロダクトデザインにおいてもジョブズはほんとに優れていたんだなって毎回思わせるここ最近の林檎の新製品達よ」

「iPhone用純正バッテリーケースの画像見たけど、じゃあジョブズが作ったらどんな形になっただろうかって考えた時に、そもそもジョブズは純正バッテリーケースなんて物を許さなかっただろって考えにしかならんかった」

「iPhoneの公式バッテリーケースはあまりのダサさでスティーブ・ジョブズを眠りから醒ます目的で作られた」

といった意見も。偉大なジョブズ氏亡き後のアップル製品に、どこか納得の行かない部分があるというユーザーが多いことがわかる。

たしかに“デザイン性が高い”イメージが強いアップル製品のなかでは、ぽっこりと出っ張った今回のバッテリー内蔵ケースは、少々スタイリッシュさに欠ける印象だ。“アップルらしさ”にこだわるユーザーにしてみれば、許せないのも仕方ないことかも?

(小浦大生)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト