スマホグッズ探偵団

極細ペン先のスタイラスペン

2015.12.13 SUN


サイズは長さ13.7×直径12.5mm。重さ23g(単四電池1本含まず)。最大8時間駆動(ニッケル水素電池900mA使用時)
年々大画面化が進むスマートフォン。その画面サイズはタブレットに迫る勢いとなっており、もはや片手打ちではなく、両手打ちが基本となっている人も多いでしょう。両手がふさがってしまうならいっそのこと、メモ帳よろしくスマホ片手にペンで入力するスタイルにしても良さそうです。

そんな時に使えるのがスタイラスの類ですが、タッチ入力の解像度が低い機種──とりわけiPhoneの場合、そのペン先は太くなりがちで細かい文字や図形を描くことができません。

そこでオススメしたいのがJTTのスタイラスペン『HOKUSAI』。こちらはiPhoneとiPad用のスタイラスペンで、そのペン先は直径わずか1.9mm。まるでサインペンのような細さなので、正確かつスムーズに思い通りの線を描くことができます。

シリコン製のペン先は画面上の滑りが悪く、誘導性繊維のペン先は消耗品となる、などのデメリットがあるものですが、こちらはペン先にポリアセタール素材を採用。書き味の良さと、耐摩耗性を両立させています。またペン先をくるっと回転させることで、ペン感度を弱から強へと調節可能。筆圧が強い方から弱い方まで、幅広く対応いたします。

すらすらと滑るような書き心地は、メモ用途以外に、ゲームプレイでも有効。正確無比な操作感はこれまでにない好プレイにつながるかもしれません。

そんな『HOKUSAI』は、マットブラックとシルバーの2色展開。iPad ProとApple Pencilの組み合わせをうらやむiPhone & iPadユーザーが、とりいそぎ導入できるリーズナブルなお値段も魅力と言えましょう。

(熊山 准)

『超極細スタイラスペン HOKUSAI』(JTT/価格:3980円)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト