ネット界の“旬”なニュースをお届け!

これが究極形?極小耳栓型イヤホン

2015.12.20 SUN

噂のネット事件簿


まさに耳栓のような形状の「EARIN」 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ここ数年、音へのこだわりを持つ人が増え、家電量販店のイヤホン・ヘッドホンコーナーには、実に様々な商品が並べられている。フィギュアスケート金メダリストの羽生結弦も、いくつものイヤホンを会場に持ち込み、音楽を聴いて集中力を高めているのは有名だ。それだけ商品が多様化すれば、追求されるのは小型化。その究極形に近いであろうイヤホンが登場した。

その商品は、12月下旬に発売されるカナル型ワイヤレスイヤホン「EARIN」だ。スウェーデンのオーディオメーカー・EARINが開発した「EARIN」は、カナル型イヤホンからコードをなくした、耳栓のような形状のBluetoothイヤホン。サイズは直径が14.5mm、奥行きが20mmで、重さはおよそ3.5gしかなく、「世界最小」をうたっている。

「EARIN」は、クラウドファンディングによって生まれた商品だ。昨年6月、EARINがクラウドファンディングサービスの「Kickstarter」で資金を募ると、目標額の5倍を上回る資金が集まり、製品化が実現。携帯用収納カプセルが充電器となっており、2.5時間から3時間使用できるという。

価格はオープンで、店頭予想価格は2万9800円前後と、なかなかの値段が付けられた「EARIN」だが、ツイッターには、

「高いけど欲しい!」
「Earinメチャメチャ欲しい」
「これいいな」
「これKickstarterで登場した時から話題だったね 買うしかない」
「これ、実際に出るんだ。欲しい」

など、欲しがる声が殺到。しかし一部からは、

「カッコイイ!でも、無くしそう(笑)」
「これはほしい、けど速攻失くしそう」
「間違いない 絶対なくす 間違いない」

という意見も上がっている。ちなみに、ガジェットを取り扱う通販サイト・モダニティでは初回入荷予定分は完売しており、次の入荷は1月下旬頃になるとしている。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト