スマホグッズ探偵団

スマホ連携で二度寝ナシの目覚まし

2015.12.23 WED


本体サイズは幅36.5×高さ91.5mmで、重量は51g。約2時間30分の充電で、約20日間の連続使用が可能。iOS 8.3以上に対応
いつも手に届くところにあるからと、スマートフォンを目覚まし時計の代わりにしている人って、結構いますよね。でも、スマートフォンのアラームって、音が小さくてなかなか目が覚めなかったり、寝ぼけてアラームを止めて二度寝しちゃったりなんてこともあります。

そんな人にオススメなのが、iPhoneと連動させて使う目覚まし『cloudiss』です。アルミ製のボディに革製のストラップが目立つボディは、時刻表示などのインターフェイスが一切なく、目覚ましとは思えないシンプルでスタイリッシュな外観。

なにより特徴的なのがアラーム音の大きさと止め方です。iPhoneのアラーム音より約3倍も大きい音量で、枕元で鳴ったなら目が覚めることは確実。さらにアラームを止めるには、cloudiss本体を強く振る必要があり、二度寝を防止するという仕掛けです。

設定方法もスマホ連動を活かした独特なスタイル。本体には電源ボタンしかなく、すべての設定はスマホアプリから行います。単にアラーム時刻を登録できるだけでなく、Googleカレンダーと連動させれば、その日の最も早い予定の時刻に合わせて、自動的にアラームをセットすることもできます。

もちろん、予定の時刻ピッタリに鳴っても間に合わないですから、あらかじめ身支度や移動時間を見込んだ「オフセット」時間を設定しておくことで、最初の予定に間に合うようにアラームを鳴らせることができる仕組み。

スマホとセットで使うことを前提に作られた、スマホ時代ならではの“目覚まし”を使えば、毎日スマートに目覚められるかもしれませんよ。

(青山祐輔)『cloudiss』(Cerevo/価格:1万3824円)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト