スマホ事件簿

iPhoneの動作を軽くする隠しコマンド?

2016.01.07 THU


iPhone自体の動作が軽くなる、わけではない…? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ネット上で、iPhoneの動作を軽くすることができるという「隠しコマンド」の存在が話題となり、拡散している。

その方法は、App Storeを開き、最下段に表示されている「おすすめ」「ランキング」「コンテンツ」など、5つのアイコンのどれかを10回連続でタップするだけ。ニュースメディア「BGR」によると、この情報はあるモバイルソフト開発者が、数日間App Storeの調子がおかしく、アプリのアップデートができないとツイートしたことがきっかけ。この投稿に対して、iOSの開発者のひとりであるZachary Drayer氏が「タブバーをどれでもいいから10回タップすると良い」とアドバイスしたのだ。

タップすると画面が一瞬真っ白になった後、キャッシュが強制的にクリアされてiPhoneの動作が軽くなるといい、“そんなに簡単に軽くなるなら…”とやってみる人が続出。Twitterには、

「ヤバい!!5sですが、ほんとに早くなった!!」

「これまじで軽くなるw」

「だいたい眉唾なんだけどこれは効いた!」

「画面も白くなったし、

少し、速くなった気がスル」

という報告があがっている。ただなかには、

「画面白くなりましたが、本当に動作が軽くなったのかよくわかりません……」

「確かに画面白くなったけど軽くなったかどうかはわからんちん」

と、「その効果が実感できない」という声も。また、噂が拡散する一方で、

「これ昔からあるストアのリロード方法であって、OS全体が軽くなるっていうのはどうなんだろう」

「このデマ、まだ広まっているのか…。これをやっても単に『App Store』のアプリがリフレッシュされるだけなのに」

という意見も散見される。

確かに、きっかけとなったツイッターの投稿は「アプリがアップデートできなくなった」というもの。これに対する措置であるため、iPhoneの動きを軽くするわけではなく、App Storeのキャッシュをクリアすることが目的のコマンド、という解釈のほうが正しいだろう。なお、iTunesやiBooksなどのアプリでも同様の方法でキャッシュクリアができるそうだ。

ちなみに、ネット上でiPhoneに関する隠しコマンドを探してみると、様々なものが発見できる。ほとんどは電話番号入力画面で数字と記号を入れ、発信ボタンを押す、というもの。電力消費量の調整や、設定状況を確認することができるという。ただし、非公式なもので、こちらも信憑性が高くはない。今回の“隠しコマンド”は情報元と操作の性質上、少し異質だが、上手い話には裏があることが多いもの。興味本位でかじってみるのもいいが、“隠しコマンド”や“裏ワザ”にはくれぐれもご注意を。

(花賀 太)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト