スマホ事件簿

年400本のスマホゲームが終了?の危機感

2016.01.13 WED


約1年半でサービス終了となるスマホ向けRPG『プリンセスコネクト!』 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
サイバーエージェントとCygamesは、1月7日、スマートフォン向けゲームアプリ『プリンセスコネクト!』のサービス提供を6月30日で終了すると発表した。

『プリンセスコネクト!』は2015年2月にサービスが始まった恋愛シミュレーションRPG。50人以上の美少女キャラクターが登場し、そのすべての声を人気声優が担当している。地上波テレビでCMが放送されるなど、大々的にキャンペーンを展開していたが、まさかの1年半という短期間でのサービス終了ということで、ツイッターでは、

「プリンセスコネクトサービス終了かー予想より早かったなぁ」

「プリンセスコネクトのサービスが終了決まったと聞いて驚いてる。やってたわけではないが、それなりに流行ってるイメージだったのだが」

「プリンセスコネクトサービス終了するんかい!! 一時期すげーCMやってたのに」

などと驚きの声が寄せられていた。

最近ではテレビで頻繁に見かけるスマホ向けゲームアプリのCM。それだけ人気となっているということでもあるが、同時に数多くのアプリが供給されており、激しい競争が繰り広げられているのも事実。そして、競争に敗れ、サービスが終了するアプリも多い。

2ちゃんねるの「SNSゲームのサービス開始終了日を列挙するスレ」というスレッドをまとめた「ソーシャルゲーム会社別ゲーム配信リスト」というサイトでは、2015年の1年間のあいだにサービスが終了となったスマホ向けゲームがリスト化されている。ネットユーザーが自主的に調査した結果であり、すべてが網羅されているものではないが、そのタイトル数は実に400以上にも及んでいる。

そんなスマホゲームの実態に、ツイッターでは、

「コレ、何か割と冗談じゃないレベルな気がする・・・有名タイトルな上に食いつく要素なければ数ヶ月でサービス終了とか・・・」

「スマホゲー、興味はあれど濫造がすごくて何が何やら…この半年で200以上サービス終了してるみたいですし、わけがわからないw」

「遊ぶ人の数に対して、タイトル数が多くなりすぎてる印象。何かしら目立つ要素があるアプリじゃないと、もう開始するのもめんどくさい」

「ギャルゲーと全く同じ濫発→衰退ストーリー歩んでるんですけど、大丈夫なんですかね?」

といった厳しい意見も多く寄せられている。新規コンテンツが多すぎる現在のスマホゲーム業界に対し、漠然と危機感を抱くゲームファンも少なくないようだ。

(小浦大生)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト