スマホ事件簿

Apple発表会3/15の噂も「期待薄い」

2016.02.05 FRI


例年恒例となっていた9月から前倒しとなるとみられるAppleの発表会。小型化を歓迎する人は多いようだが… ※この画像はサイトのスクリーンショットです
米BuzzFeed や、Appleの情報を伝えるサイト「9to5Mac」などの海外メディアが、Appleの新商品発表イベントが3月15日(現地時間、日本時間3月16日)に開催されるという噂を紹介。イベントでは「iPhone 5se」と「iPad Air 3」(いずれも仮称)、そして「Apple Watch」用バンドの新作が発表されるとみられている。

それぞれの情報はまだ少ないが、注目は4インチまで小型化するとみられる「iPhone 5se」。1月末に公開された「9to5Mac」の記事では、「iPhone 5se」はiPhone 5sをベースにしたデザインで、A9プロセッサや最新のカメラ機能、Apple Payに必要なNFCが搭載されるという。また、価格は16GBモデルで450ドル(約5万4000円)〜とみられている。

Twitterには、

「ちっちゃいの欲しい」

「4インチなら欲しい(。´・ω・)」

と、かねてより希望する人が多かった小型サイズに注目する声があり、期待する人も多い。しかし一方で、

「小さいの欲しい人にはええやろなぁ。ワクワク感はどうしても少ないけど」

「なんだかアップルが持つ特別感がない。出るんだ、へー、という感じ。いつもの おっ! というのが欲しいが、今のオペレーションにソレを期待してはいけないのかな」

と、以前感じていた期待感には欠けるという意見のほか、2月1日から国内大手キャリア3社が端末代の「実質0円」サービスを廃止しているため、

「Appleの新製品発表会 及び発売日についての情報がTLにバンバン入ってくるけれど『実質0円』が終了した今、全体的に購買欲自体が落ちてる気がしてならない。 私もしばらく購入しないと思う。新製品は気になるけどね」

と、価格がネックになり、実際の購入には踏み切れないだろう、という人もいる。

ここ数年のiPhoneについて「ワクワク感がない」と形容されることが多く、加えておトクに購入できる手段がないとあれば、3月に発表されるという新機種の国内での売れ行きは厳しい状況に直面するかもしれない。

(花賀 太)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト