スマホNEWS&TOPICS

「SNSで恋人できた」25%超が経験

2016.02.10 WED


実際にSNSがきっかけで恋人を作った人のなかには、「昔の知人と再会して」(30歳・女性)という人もいた 写真:Graphs / PIXTA(ピクスタ)
2000年代前半には、悪質なサイトのために“出会い系=悪”というイメージだったもの。しかし、昨今は身元確認がしっかりしたマッチングアプリはもちろん、FacebookやTwitterを介して直接会うなども一般的になっている。とはいえ、SNSで恋人まで…というのはまだ抵抗を感じる人は少なくないのではないだろうか? 恋人がいたことのある20~30代のSNS利用者224人(男女各112人)に尋ねてみた(調査協力:ファストアスク)。

〈SNSで恋人をつくることに抵抗はある?〉

■全体

・抵抗がある 46.9%

・抵抗がない 53.1%

■男性

・抵抗がある 39.3%

・抵抗がない 60.7%

■女性

・抵抗がある 53.6%

・抵抗がない 46.4%

デジタル上の付き合いからスタートすることに反発してか、約半数は「抵抗がある」と回答。ただし、その男女差は大きい。男性は6割が「抵抗がない」とする一方、女性は僅差ながら「抵抗がある」が多数派。やはりどんな相手が来るかわからない、という点で、女性の方が抵抗感を覚えるのは当然だろう。

では、実際にSNSで恋人を作ったことがある人はどれほどいるのか? そんなに多くはないだろう…と思っていたが、驚きの結果が明らかになった。

〈SNSで知り合って、恋人ができたことがある?〉

■全体

・ある 26.3%

・ない 72.8%

・答えたくない 0.9%

■男性

・ある 30.4%

・ない 68.8%

・答えたくない 0.9%

■女性

・ある 22.3%

・ない 76.8%

・答えたくない 0.9%

「ある」が25%超え! 4人に1人以上は、実際にSNSで出会い、恋人関係まで発展したという。こちらも男女差はあるが、女性も極端に低いわけではない。

これは実態を聞いてみねば…! と、実際に付き合った経験のある男女59人に付き合うまでの経緯を聞いてみたところ、多かったのは、

「SNSのオフ会で直接会って」(27歳・男性)

「オフ会で仲良くなって」(37歳・男性)

と同じ趣味の人たちが“リアル”で集まるオフ会がきっかけだった。そのほかだと、

「mixiでやりとりして、LINEでやりとりするようになって何回か遊んで付き合うようになった」(25歳・女性)

「GREEでやりとりしていて、その流れで」(34歳・男性)

「相談に乗ったりしている間に親密になった」(39歳・男性)

「普段の会話やメッセージのやり取りで親密になり、食事にでも行ってみようかという流れから」(39歳・男性)

など、SNSでのメッセージのやり取りで距離を近づけ、直接…というパターンだ。

日々進化していくIT恋愛ツール。「デジタルの付き合いが苦手…」とはもはや言っていられない!?

(山川 剛)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト