スマホ事件簿

さいたま舞台のRPGアプリ、地元民も期待

2016.03.10 THU


架空のさいたま市が舞台となっているRPG『ローカルディア・クロニクル』 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ファンタジーの世界に作られた「さいたま市」を冒険するロールプレイングゲーム『ローカルディア・クロニクル』が、iOS/Android対応アプリとして4月にリリースされる。

さいたま市を元気するためのビジネスプランを決める「さいたま市ニュービジネス大賞2015」で「ビジネスプラン賞」を獲得したこのゲーム。開発を手掛けるのは埼玉県内でアプリ関連のサービスを提供する井桁屋だ。

さいたま市の活性化を目指す「地方創生RPG」と銘打っている『ローカルディア・クロニクル』。舞台となるのは、さいたま市北区をモデルにした「ノースノース王国」や岩槻区がモデルの「ロックゼルコバ王国」など、さいたま市内10区と川越市をファンタジー化した架空の世界。また、さいたま市内にある実際の企業や店舗なども登場するといい、ゲームを進めると実店舗のクーポンをもらえる試みもあるという。

YouTubeに公開されているデモ動画を見ると、初期の『ドラゴンクエスト』のような2DマップのオーソドックスなRPGで、戦闘は「戦う」「逃げる」「オート」のコマンド方式でシンプルな作り。ゲーム初心者でも気軽にプレイできそうだ。

そんな地方創生RPG『ローカルディア・クロニクル』だが、ツイッターでは、

「これ面白そう!!! こういう形で地域の活性化をするということもできるのか」

「ほー。 地元民としてとても気になりますな」

「埼玉出身の僕にとっては嬉しいニュース!」

「アプリゲームやらない自分でもこれはやってみたい」

「埼玉出身者としてはコレすごいきになるww」

と、なかなか好評のようだ。特にぜひともプレイしてみたいという埼玉県民とおぼしきユーザーは多く、さらに、

「回復アイテムは十万石饅頭で頼む」

「とりあえず大宮と浦和で抗争しそう」

「川口は製造力を基に武力のある敵国扱いやろなぁ…」

「灼熱地帯の熊谷市実装はありますか…?」

「しまむら、島忠、日高屋、安楽亭あたりですかね」

など、埼玉名物や地域、企業の名前を出し、内容を予測する声もある。

地方にスポットを当てたゲームアプリとしては、群馬県が協力した横スクロール型シューティングゲームアプリ『群馬県から来た少女』(Android向け)も存在している。こちらも群馬の特産品がパワーアップアイテムとして登場するなど、地元愛にあふれたもの。地方創生の必要性が求められる昨今、地方を舞台としたゲームアプリが次々と登場してきそう?

(小浦大生)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト