スマホ事件簿

iPhone SE発表 好評だが不満点も…

2016.03.23 WED


5sのボディーに6sの機能を搭載した「iPhone SE」。小型スマホの波が来るか? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
Apple社は日本時間の3月22日午前2時からカリフォルニア州クパチーノでスペシャルイベントを開催し、4インチディスプレイの新型スマートフォン「iPhone SE」を発表した。

以前より噂となっていた4インチ型の新iPhone。CPUにはiPhone 6sと同じA9チップを搭載。カメラの解像度は12メガピクセルで、4K動画の撮影も可能、とiPhone 6sとほぼ同等のスペックを、iPhone 5sと同じサイズのボディーに詰め込んだこととなる。

iPhone 6以降、4.7インチディスプレイにサイズアップした機体が大きすぎるというiPhoneユーザーにとっては、待ってましたといわんばかりのスペックである「iPhone SE」。ツイッターでは、

「iphone SE神機じゃない?これはほしい」

「iPhone SE大きさが5sと一緒ってのが実にいい 買い換えたいわ~」

「iphone se欲しいなあ。価格的に買えなくもないんだけど特に5sに困ってるわけでもないから買い換える動機が薄いなあ。でも欲しいなあ」

と、まずまずの評価のようだ。

しかし、ストレージは16GBと64GBの2種類、とiPhone 6sにはあった128GBがラインナップされていないということで、

「iPhone SE 64GBが1番でかいとか…。128があったら絶対買いだったのに…悩むーーー」

「てかiPhone se 、なんで容量が最高で64gbまでなの? 中身はほどんどが6s並みのハイスペックやのに、何で容量をケチるんだよ」(原文ママ)

と、物足りなさを感じるネットユーザーもいた。

カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4種類。16GBが5万2800円、64GBが6万4800円となっている(いずれもSIMフリー版、税別)。3月24日から予約が開始され、3月31日に発売となる。

最近は大型化が進んでいたスマホだが、iPhone SEの人気次第では、4インチクラスのスマホが再度増えてくる可能性も考えられる。今後のスマホの流れを占う意味においても、iPhone SEの売れ行きは注目されそうだ。

(小浦大生)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト