スマホ事件簿

LINEグループ通話、中毒者が続出?

2016.03.25 FRI


「13時間連続通話」という猛者も… ※この画像はサイトのスクリーンショットです
3月22日、LINEに「グループ通話機能」が追加され、多くのLINEユーザーが早速これにどっぷりハマっている。

今回新たに提供されたグループ通話機能は、LINEのグループトークや複数人のトークに参加しているユーザー同士で同時に音声通話ができるもの。最大200名まで同時に音声通話を行うことができる。通話中は、発声しているユーザーのアイコン上にマークが表示され、誰が話しているかが分かる仕組み。画面上でグループ通話に参加している人数も確認することができる。

3月10日に新サービスの提供が告知され、同日に日本・タイ・台湾・インドネシアを除く国と地域、3月17日にタイ・台湾・インドネシアの3カ国で先行公開されたグループ通話機能だが、日本でも22日夜に提供が始まり、早速多くの人がこれを楽しんだようだ。ツイッターを見ると、22日の19時過ぎにサービスが公開されたようで、

「Lineでグループ通話できるようになったんだな」

「LINEでグループ通話ができるようになってる」

「LINEでグループ通話できるようになっとる!」

「LINEグループ通話きた!!! まじか!!!」

など、すぐに驚きと喜びの声があがり、

「初のLINEグループ通話で3時間50分を記録」

「LINEグループ通話4時間以上してるわwww」

「LINEのグループ通話おもしれえ 2年の頃のクラスのやつで12時間以上話してるwwwwww」

「LINEのグループ通話始めて13時間経ちました。元気かよ」

と、ドハマリする人が続出。サービス提供からわずか1日あまりでこの状態なだけに、「グループ通話中毒」になるユーザーが現れるのも、どうやら時間の問題のようだ。

(金子則男)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト