スマホグッズ探偵団

カードリーダーとUSBハブが合体

2016.04.14 THU


サイズは約63mm×17mmで重量は約8.2gとカバンに入れて持ち運んでも邪魔にならない大きさ。対応OSは、Windows 10/8.1/8/7、Mac OS、Android
基本性能の向上や画面の大型化、そして、Office系アプリの充実により、ちょっとした企画書や報告書であれば、スマホやタブレット端末で作成できるようになってきています。

そんなとき、タブレット端末やスマートフォンでマウスやキーボードが使えたら、より便利だと思いませんか。そこでオススメしたいのが、『USB2.0ハブ付き OTGカードリーダー』です。

この製品は、microUSB端子(オス)、USB2.0端子(オス)、USB2.0端子、といった3つのインターフェイスを搭載したカードリーダー。最もシンプルな使い方は、microUSB端子でAndroidスマホに、あるいは、USB2.0端子でパソコンに接続して、microSDカードとデータのやり取りをするというものです。

しかし、それだけならよくあるカードリーダー。便利なのは、ハブ機能を搭載しているところにあります。『USB2.0ハブ付き OTGカードリーダー』のUSB2.0端子にUSBに対応したマウスやキーボードを接続。microUSB端子をスマホにつなげば、スマホでマウスやキーボードが使えるようになるんです。

注意したいのは、『USB2.0ハブ付き OTGカードリーダー』でマウスやキーボードを使えるのは、パソコンを介することなくUSB機器を相互に接続するための規格である「OTG(USB On the Go)」に対応したスマホであること。未対応であれば使用できないので、注意してください。

スマホやタブレットをパソコンのように使いたいという人に、試してもらいたい一品です。
(コージー林田)

『USB2.0ハブ付き OTGカードリーダー』(上海問屋/価格:647円)

記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト