スマホNEWS&TOPICS

商談中、デート中…「プッシュ通知」で困った場面は?

2016.04.17 SUN


「他人に通知の内容を見られることがイヤだ」と話す人は多い…恋人や配偶者となるとなおさらそう思うのかも
メッセージの受信や更新情報などを待ち受け画面で知らせてくれる、アプリの「プッシュ通知」。最新情報を強調して伝えてくれる便利な機能だが、ユーザーにとってはありがたい面だけではないようだ。

ジャストシステムが3月中旬に発表した「プッシュ通知」に関する調査結果(対象:スマホを所有する10~50代男女1000人)によると、「プッシュ通知を頻繁に開封する」と答えた人の割合は、SNSアプリが一番高く42.3%。ゲームアプリは19.2%、ニュースアプリは15.6%と、通知が開封されないアプリも少なくない。そのうえ、46.6%が「大量のプッシュ通知が原因でアプリを削除」していたことがわかった。

便利な半面、情報が頻繁に送られてきたり、興味のない内容が表示されたりすると、うっとうしく感じるのは事実。どんな場面でプッシュ通知に困る人が多いのだろうか。20~30代の男女222名に聞いてみた(R25調べ・協力:ファストアスク)。

まず、プッシュ通知の内容や頻度で困った経験があるか尋ねたところ「はい」と回答した人は65.8%。そのシチュエーションを具体的に聞いてみると…。

■仕事をしている時

「商談中、お客さんにメッセージが見えてしまった」(29歳・男性)
「会社で机の上にスマホを置きっぱなしにしていたら、彼氏からのLINEメッセージが表示されていた」(38歳・女性)
「デスクで打ち合わせ中に転職系の通知」(31歳・男性)

■パートナーと一緒にいる時

「恋人と二人でスマホを見ている時に、ゲームのお知らせが来ると気まずい」(27歳・男性)
「夫と自宅でまったりしている時に、浮気相手からのLINEが何通もプッシュ通知されて焦った」(29歳・女性)

■他のアプリを利用している時

「ニュースアプリの情報が頻繁に送られてきて、他のアプリの邪魔になる」(38歳・男性)
「ゲームの最中に情報アプリの最新記事紹介が出て中断されてしまい、最高得点を逃した」(32歳・女性)
「メールやLINEの文章を入力している最中にお店のアプリのクーポン通知が来て、作業を妨げられる」(26歳・女性)

■その他

「寝ている時に通知がきてしまい、起きてしまった」(39歳・女性)
「充電がない時に、通知されてタップしたときに切れた」(26歳・女性)

こうしたプッシュ通知の内容や頻度が原因で、アプリの通知をオフにしたことがあると回答した人は60.8%。「グループLINEがひんぱんに送られるので、OFFにした」(38歳・女性)、「Facebookの友人の投稿のお知らせなど、リアルタイムで知らなくても良い通知(をオフにしている)」(37歳・女性)など、プッシュ通知設定を調整している人も多数見られた。

本来は便利な機能であるはずの「プッシュ通知」。ストレスを感じないようにカスタマイズして、うまく利用していきたいものだ。

(池田園子)


記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト