スマホNEWS&TOPICS

もはや黒歴史!? ずっと使っている「痛メアド」

2016.04.23 SAT


自分のキャラに似合わず名前が可愛すぎるゆえ、名前を入れただけの普通のアドレスにもかかわらず、電話など口頭で伝えるときに恥ずかしいという人も…
メッセージアプリを使うことが増え、メールを送る機会が少なくなった昨今。そうなると、アドレスを変更する機会も失われ、若かりし頃に作った結構“痛い”アドレスをずっと使っている、なんて人もいるのでは? そこで今回は「なんでこんなアドレスにしたんだ…」と後悔してしまいそうな、恥ずかしいメールアドレスを取材し集めてみた。

■「自分の名前+進化系アドレス」

「new+名前~」や「名前+nextstage」など、名前と合わせて「new」や「next」などの単語をつけたアドレス。つけた当初はかっこいいと思っていた本人も、冷静にアドレスを見返すたびに「俺はどう生まれ変わったつもりだったのか」と恥ずかしくなるのだとか。

■「自分を大きく見せすぎ!?なアドレス」

とある男性のアドレスは「japanese-hero~」というもの。おもしろいと思ってつけたものの、謝罪のメールを送ることになったときに「ゾッ」としたのだとか。アドレスを変えるわけにもいかず、相手が目に留めないことを祈るしかなかったそう。

■「ギャップがありすぎるアドレス」

スイーツ好きゆえに「chocolate.crepe+名前~」とつけていた知人は、メールでやりとりを重ねた後、相手に会うと「イメージと違う!」とよく言われるとのこと。それもそのはず、見た目は強面で坊主…。本人は「もしかしてアドレスのせい?」と最近思い始めたようだが、もしかしなくてもアドレスのせいだろう。

■「熱意があふれるアドレス」

就活中に「onsyani_hairitai~」と少しでも目に留まるよう、奇をてらったアドレスを使っていた女性。その甲斐あって(?)、無事、内定をもらえたが、入社後社長に「君が『御社に入りたい』か…」と言われて赤面! 一気に恥ずかしくなってしまったのだとか。

■「ディスってる系アドレス」

「bakajan.~」や「nanisamadayo-omae~」などの、暴言系のアドレス。本人はウケると思ってつけているようだけど、送る相手を不快にさせる可能性があることに気がついてない様子。また、周りの人も「ccに入れたくない」と思っているかも?

緊急の用件や、仲良くなった取引先の人とのやり取りは、学生時代から使っているフリーメールからという人も意外と多い。“若気の至り”でつけたメールアドレスで恥ずかしい思いをしないように、一度確認してみては?
(河島マリオ)


記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト