スマホグッズ探偵団

車・バイク乗り必携のモバイル電源

2016.04.22 FRI


サイズは185×83×43mm。USBポート出力5V/4.2A
都市生活者にとって車やバイクは必ずしも必須アイテムではありませんが、何かと役立つのは事実。そう思って手に入れたはいいものの、通勤は電車だし、遊びに使おうにも飲みが前提となるときも乗れないし…というわけで結局のところ出番は月に1~2回というのが現状でしょう。筆者もそうです。

となると発生しがちなのが自然に放電しきってしまうことで起こる愛車のバッテリー切れ。一度やってしまうと、性能が落ちてしまうので余計にバッテリー切れを起こしやすくなってしまうんですよね。とはいえ値段も高いので「上がり癖」がついたといって、ポンポン交換するわけにもいきません。

そこでオススメなのがANKERの『コンパクトジャンプスターター』。わずか387gで車やバイクのバッテリー上がりに役立つばかりか、大容量のスマホ用バッテリーとしても使える逸品です。

コンパクトなボディながら、3000ccのガソリン車や2500ccのディーゼルエンジン車を約15回も起動させられるほどのパワーを誇るほか、内蔵LEDにより緊急時のライトとしても機能します。暗い夜道で車やバイクのエンジンが始動しないときでも、周囲を明るく照らしてくれる。これほど心強いことはありません。

車のダッシュボードや、バイクのシート下に忍ばせておけば必ずや役立つこと請け合いの一台。とはいえ、ジャンプスターターじたいもバッテリー製品ゆえ自然放電からは免れませんので、時折充電しておくことをお忘れなく。

(熊山 准)

『コンパクトジャンプスターター』(ANKER/実勢価格:7999円)


記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト