スマホ事件簿

「くまモン頑張れ絵」SNSで広がる熊本応援

2016.04.26 TUE


くまモンの公式ホームページ。くまモン隊のスケジュールをみると、15日以降予定は【中止】の文字が続いている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
熊本県のPRマスコットキャラクター「くまモン」のイラストで熊本地震の被災地を応援しようという動きが、ツイッターで拡散している。

きっかけとなったのは、『あしたのジョー』で知られる漫画家・ちばてつやのブログだ。ちばのもとに、『丸出だめ夫』などの作者である漫画家・森田拳次から「クマモンがクマっている 助っ人に行くベア」とのメッセージが添えられたイラストがFAXで送られてきたという。このイラストをちばがブログに載せたところ、『はじめの一歩』の漫画家・森川ジョージがツイッターに、

「何をしていいなわからない時にコレだ!と思った。漫画家の人、そうでない人、くまモン描いて励まそうよ」

と呼びかけたのだ。

その後、森川もくまモンイラストを公開。さらに、「#くまモン頑張れ絵」のハッシュタグで多くの漫画家やイラストレーターが、くまモンのイラストを投稿したのだ。

今回「くまモン頑張れ絵」を投稿したのは、真島ヒロ(代表作『FAIRY TAIL』)、にわのまこと(『真島クンすっとばす!!』)、若林稔弥(『徒然チルドレン』)、竜山さゆり(『ジュエルペット』)、ふなつ一輝(『華麗なる食卓』)、神尾葉子(『花より男子』)、瀬尾公治(『涼風』)など。自作漫画のキャラクターとくまモンをコラボさせたイラストを描くケースが多かった。

この動きはプロの漫画家やイラストレーターだけでなく、イラストが得意な一般のネットユーザーにも波及。

「一日でも早く九州の皆さんが平穏な日を迎えられますように…!」
「久しぶりに絵描く。今回、熊本県を応援したい」
「少しでも皆さんの力になれるよう、私にできることをやっていこうと思います。みんなみんなさんのことを応援しています」

などの応援メッセージとともに、いろいろな「くまモン頑張れ絵」がツイッターで投稿された。また、くまモンの「キャラ弁」や、粘土細工のケーキ、海苔で作ったアート作品など、イラスト以外のくまモンの画像も投稿されている。

一方、くまモンの公式ツイッターは地震発生前の4月14日17時28分を最後に投稿が止まっている状態で、くまモン公式サイトでは、

「くまモン隊は、この度の地震に見舞われた方々の事を最優先に行動しているところであり、SNSでの情報発信については控えておりますので、御理解いただきますようお願いいたします」

と、説明した。

スマートフォンが普及したことで、震災時の情報収集における役割が大きくなってきているSNS。今回の「くまモン頑張れ絵」のように、被災地に元気を与えるという意味でも、SNSは重要な存在となったといえそうだ。
(小浦大生)


記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト