スマホグッズ探偵団

一台三役。高速転送カードリーダー

2016.05.10 TUE


カラー:黒or白 サイズ:約70×54.5×22mm。 重量:約86g 対応機種:iOS 7.0以降のiPhone、iPad、iPad Air、iPad mini 、iPod touch。Android 4.0以降のスマートフォン、タブレット。Windows 10/8.1/8/7/Vista、Mac OS 10.6以降を搭載したWindows PC、Mac ※Android4.4以降ではOSの仕様により、本製品からAndroid端末に装着したmicroSDへの書き込みはおこなえません
スマホやタブレットに入っている写真や動画、音楽ファイルなどをSDカードやUSBメモリなどのメディアに落としたくなった場合。あるいは、反対にそれらのメディア内のファイルをスマホなどで確認したくなった場合。メディアのスロットが用意されていない端末では、カードリーダーが必要になります。

市場には様々なカードリーダーが揃っているわけですが、今回はカードリーダー以外の機能も充実しているラトックシステムの『Wi-Fi SDカードリーダー 5G対応 433Mbpsモデル』を紹介しましょう。

この製品はスマホ、タブレット、パソコンなどから最大で5台まで同時にアクセスが可能。使用可能なメディアは256GBまでのSD、SDHC、SDXCカード(パソコンにケーブルで接続した場合はUSB3.0対応のSDカードリーダとしても使用可)。USBメモリ、USBハードディスクドライブ。USBハードディスクドライブは2TBのものまで動作確認済みとなっています。

注目すべきはその速度。Wi-Fiの規格通信速度は5GHz帯(対応スマホ・パソコンのみ使用可能)、2.4GHz帯の高速転送に対応しています。外部メディアに入った動画をスマホ・タブレットで鑑賞する際も快適ですし、大量の動画・音楽ファイルなどのバックアップをとる際も時短になるでしょう。複数の端末からアクセスできるので、家族で共有したい写真をセットした大容量のSDカードに溜めていく…。そんな使い方も便利そうですね。

さて、このカードリーダーはポケットルーターの機能を兼ね備えています。ホテルの部屋などでLAN環境が有線の場合、この製品をLANポートにケーブルで接続すれば簡単に無線LAN環境を手にいれることができます。さらに、内蔵された2600mAhのバッテリーにより、スマホの満充電約1回分の電源供給も可能。

カードリーダー、ポケットルーター、モバイルバッテリー。いざというときにのみ必要であり、普段はただのお荷物になりがちなこの3つを組み合わせたのがポイントでしょうね。一台三役、カバンに常駐させる「頼れるお荷物」、いやお守りとしておひとついかがでしょうか?

(のび@びた)

『Wi-Fi SDカードリーダー 5G対応 433Mbpsモデル』(ラトックシステム/参考価格:9800円)


記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト