スマホグッズ探偵団

耳の中で振動する目覚ましイヤホン

2016.05.11 WED


電源は単4乾電池×1本で、アルカリ乾電池で約6カ月、ニッケル水素充電池なら約4カ月の動作が可能
何かと忙しい社会人、寝不足がたたって常日頃から眠気を覚えているという人も多いでしょう。であれば、電車の移動中にうたた寝、あるいは昼休みのデスクで軽く昼寝するといった形で少しでも睡眠不足を解消しておきたいところ。

そうした「ちょっと寝」をするときに、問題となるのが目覚ましです。職場や電車内ではスマホを目覚ましとして使う人が多いでしょうが、大きなアラーム音を出すのははばかられますし、かといってスマホのバイブレーターの振動では起きられなそうです。周りに迷惑をかけることなく、自分だけを容赦なく起こしてくれる目覚ましはないものか?

そんなニーズに応えるべくキングジムが発売したのが『めざましイヤホン』です。耳に差し入れる部分、イヤピースには音を鳴らすドライバだけでなく振動モーターも内蔵。ケーブルの途中にある本体で設定した時間になると、耳の中で振動して起こしてくれます。

振動する時間は10秒ほどですが、耳の中という敏感な場所で振動するため、その効果はかなりのもの。人によっては、飛び起きるほど驚くかもしれません。目覚ましの設定は、起きたい時刻を設定するアラーム機能と、振動するまでの分数を1~99分の間で設定できるタイマー機能の2つから選択可能です。

再生機器との接続は通常のステレオミニプラグを使用。なお、目覚まし機能はイヤピースと本体部分で完結しているため、この商品単体のみで「目覚まし」として利用することができます。

電車での寝過ごしを何度も繰り返している人には、心強い味方となってくれそうな商品です。

(青山祐輔)

『めざましイヤホン』(キングジム/価格:6480円)


記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト