スマホグッズ探偵団

グリップでiPhoneがデジカメに変身

2016.05.18 WED


カラーはブラック、ホワイト、ピンクの3色。iPhoneの本体カラーに合わせて選ぶことができる。iPhone 4s以前のモデルでは使用不可
もはやデジカメ並みの高画質で写真が撮れるiPhone。イベントや旅行などで重宝している人は多いことでしょう。とはいえ、シャッターボタンではなく、画面をタップしてシャッターを切るのでブレやすくなりますし、カメラのようにしっかりと構えて撮影をこなすのが難しいことも…。やはり、カメラに比べて撮影時の使い勝手には不満が残ります。

しかし、そんな不満を解消してくれるのが『Snappy』。iPhoneにデジカメのような使い勝手をもたらしてくれるグリップです。

使い方は簡単で、イヤホンジャックに接続端子を挿して、グリップをiPhoneの下部に取り付けるだけ。アプリのインストールやバッテリーなども必要なく、手軽に使えるのがウリのひとつです。

グリップはデジカメの持ち手のような形状で、上部にシャッターボタンが設置されており、構えた感覚はカメラそのもの。手にしっかりと馴染むし、万が一のためにストラップも付属しているので、落下の心配もありません。

シャッターボタンを設置することができたのは、もともとiPhoneには純正イヤホンをシャッター代わりにする機能が備わっているから。イヤホンジャックに『Snappy』の接続端子を挿すことで、シャッターを切ることができるようにしたんです。

ちなみに、グリップにもイヤホンジャックがあるので、『Snappy』を接続した状態でも音楽を聴くことができます。

グリップを追加することで、iPhone での撮影が劇的にやりやすくなる『Snappy』。人よりも良い写真を撮りたかったり、失敗したくなかったりするときなどに活躍しそうなアイテムです。

(コージー林田)

『Snappy』(スペックコンピュータ/価格:2500円)


記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト