スマホ事件簿

スマホのカセットゲーム、第1弾『じゃじゃ丸くん』

2016.05.18 WED


第1弾の『忍者じゃじゃ丸くん』はジャレコから1985年に発売 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
スマートフォンのイヤホンジャックにカセットを差してゲームをプレイする「ピコカセット」のクラウドファンディングが5月11日にスタート。順調に資金が集まっている。

ピコカセットは、ファミリーコンピュータやスーパーファミコンなど、かつてのTVゲームのようにカセットを差してプレイするゲームソフト。カセットをイヤホンジャックに差し込み、専用アプリを立ち上げることでゲームが起動する仕組みになっている。

このピコカセットは、昨年9月にPR動画が公開され注目を集めていたが、5月11日、ついに第1弾ソフトが『忍者じゃじゃ丸くん』になることが発表された。『忍者じゃじゃ丸くん』は1985年に発売され、累計200万本を売り上げた大ヒットゲーム。手裏剣や体当たりで敵を倒しながらステージクリアを目指す、横スクロールのアクションゲームだ。

5月11日にクラウドファンディングが始まると、ツイッターには、

「ピコカセット、発想は面白いと思うけど操作の邪魔になる気がする…w」
「ピコカセットの仕組みにはときめくけど十字キーのコントローラがないと不安」
「そうかピコカセットいいな、と思ったがイヤホンジャック使うからイヤホン使えないのか。ワイヤレスを準備しないと電車の中で遊べないな」

といったツッコミも入っているものの、

「ピコカセットめっちゃ気になる」
「これはロマンある…!」
「じゃじゃ丸くん懐かしい~ カセット型なのもいいなあ。欲しい」
「第一弾がじゃじゃ丸くんとか懐かしすぎて超やりてえ」

と、食い付く人が続出。目標金額の1000万円に対し、すでに250万円が集まっている(5月13日9時時点)。支援した人は、“ピコカセ倶楽部”の会員になれるほか、支援額によって決まるポジションや役職に合わせて、倶楽部のコミュニティ内の様々なイベントにかかわることができる。プレイするだけでなく、“中の人”としてゲームに携われるのも魅力といえそうだ。
(金子則男)


記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト