スマホNEWS&TOPICS

スマホでPCをネット接続…テザリング入門

2016.05.30 MON


外出先でもノートPCからスマホ経由でネット接続できる「テザリング」機能
出先や旅行先でノートPCをネットに接続したいけど、月額料金がかかるモバイルWi-Fiルーターを契約するのはもったいない…。そんな人に便利なのが、スマホの「テザリング」機能です。実は大半のスマホで使えるこの機能、使い方を知っていると、いざというときに役立ちますよ。

■テザリングってそもそも何…?

「テザリング」の語源は、馬車に牛や馬をつなぐ“ひも”の「Tether」から来ています。たとえばPCとスマホをつなぐことで、PCでもスマホのデータ通信機能を使ってインターネットに接続できるようになるのです。仕組みとしては、スマホをモバイルWi-Fiルーターの代わりにしているわけですね。

■iPhoneでの設定方法

iPhoneの場合は「設定」→「モバイルデータ通信」→「インターネット共有」を選んでオンにしましょう。iPhoneの名前の接続先につなぐと、外出先でもPCからインターネットに接続できます。

■Androidでの設定方法

Androidの場合は機種によって操作方法が異なることもありますが、基本的には「設定」→「もっと見る」→「テザリングとポータブルアクセスポイント」で、「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」をオンにすると利用できます。あとは、ノートPCなど、インターネット接続したい機器のWi-Fi機能から接続しましょう。

ここではWi-Fi接続の方法についてご紹介しましたが、USBケーブル、Bluetoothを使って接続することもできます。スマホのバッテリーを節約したいなら、ケーブルをつなぐことでPCから給電しながらテザリングできるUSB接続が便利です。

テザリングはノートPC以外にも、Wi-Fi専用タブレットやモバイルゲーム機などをネット接続させるときにも使えます。引っ越し直後で自宅にネット回線がつながっていない期間のつなぎなどにも使えそうですね。

ただし、テザリングの通信内容も毎月のスマホの通信量としてカウントされるので、使いすぎには要注意。スマホで契約している通信量を使い切ってしまうと、通信速度が遅くなってしまいます。通信量の少ないニュースサイトの閲覧、メール、Twitterなどの利用くらいであれば大丈夫ですが、YouTubeなどで高画質な動画を視聴したり、大容量のファイルをダウンロードしたりすると、通信量がかなり増えてしまいます。

テザリング中はあくまでも必要な通信だけを利用して、使わないときは省電力のためにも機能をオフにしておきましょう。

(島徹)


記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト