スマホグッズ探偵団

ついに登場!? 二足歩行できるロボット型スマホ

2016.06.02 THU


RoBoHoNのキャリングケースには、首から提げられるタイプや、RoBoHoNの頭だけ飛び出る巾着タイプがある。。本体の他に、携帯電話会社と通信回線の契約が必要。
少し前まで「ロボット」といえば、アニメなどのフィクションに登場するものか、無骨な産業用機械のようなものばかりでした。ところが、最近ではPepperなど一般家庭向けの人型ロボットが次々登場し、身近な存在となりつつあります。

そんななか、なんとスマートフォンの機能を持ったロボットが登場しました。シャープの『RoBoHoN』は、小さいながらも二足歩行が可能で、通話やメール、写真撮影などスマホとしての機能も備えたロボットです。

かわいらしいデザインと、身長約20cmとポケットに入るほどのサイズでありながら、二足歩行だけでなく、手を振ったり、座ったり、立ち上がったりといった、コミュニケーションロボットに求められる人間的なアクションが可能です。

操作は背中にあるタッチパネルディスプレイで行えるほか、音声認識でも一部を除いた操作が行えます。例えば、RoBoHoNに「写真を撮って」と話しかけると、カメラで撮影してくれ、「○○に電話して」と話すと電話を掛けてくれる――といった感じ。

単に「ロボットの形をしたスマホ」という訳ではなく、持ち主の声と顔を記憶して、視野に入った持ち主へRoBoHoNの方から話しかけたり、特定の機能は持ち主の声でしか利用できななくしたりと、いかにも人間と共に暮らす未来のロボットらしい機能を備えています。

他の人の顔も覚えられる(電話帳に顔写真を登録)ので、「知っている人の顔を見つけたら自動的に撮影」なんてこともできます。さらに頭部にはプロジェクターも搭載されており、撮影した画像をその場で投影することも可能。パーティや飲み会での活躍も期待してくれそうです。

お値段は約20万円とかなりの高額ですが、「ロボットと共に暮らす未来」を今すぐ体験してみたい方なら、試してみる価値はあるかもしれませんよ。

(青山祐輔)

『RoBoHoN』(シャープ/価格:21万3840円)


記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト