スマホ事件簿

スマホで撮った写真を売れるアプリ

2016.06.12 SUN


スマホで撮った写真を売ることができるアプリ「Snapmart」 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
6月初旬、iPhoneで撮影した写真を企業や他のユーザーなどに販売できるアプリ「Snapmart」がリリースされた。

自分が撮影した写真を出品し、それを他のユーザーが購入する仕組みの「Snapmart」。主に購入者は、Web制作会社や広告代理店、クリエイターを対象としており、販売基本価格は1枚100円だが、運転免許証などで本人確認済みのユーザーは1枚100~1000円で販売できる。

また、「Snapmart」の認定を受けた人気ユーザーや著名人などは「プレミアユーザー」となり、1枚2000円までの価格設定が可能。販売される写真はすべてロイヤリティフリーで、一度購入すれば許諾の範囲で何度も使用できる。出品写真が購入された場合、販売代金の50~70%が収入になるという。

写真には様々なタグが付けられており、人気のキーワードで検索し、ほしい写真を探すことができる。それでも目当ての写真が見つからなかった時は、ほしい写真のお題と賞金を設定して「コンテスト」を開催することも可能。コンテストの賞金の最低金額は5000円となっている。

気軽に写真の売買ができる「Snapmart」。ツイッターでは、

「snapmartの販売者は超素人~アマ(良くて少数のセミプロ)なので、ウェブサイトの素材に使う写真を探すのはキツイかもだけど… ブログとかまとめサイトレベルの利用なら全然アリだと思う」
「個人撮影の写真を100円から買うとは思えないんだけど。権利関係もどこまで対応できるのやら」
「まだまだ出品されてる写真少ないけど、 面白そう!今後に期待」

などの反応。まだまだリリースされたばかりのアプリということで、不安要素もあるが今後に期待といったところだ。とはいえ注目度は高いようで、

「Snapmartで写真売れた、なんか嬉しい」
「Snapmartに一昨日出品した写真が突然売れてビックリした!すごいなコレ。何枚か売れたら飲み代くらいになりそうw」
「Snapmart初めて買ってもらえたー!!嬉しい。。」

と、すでに写真が売れたとの報告も。さらには、

「Snapmartみてるだけで面白い!」

と、購入しなくても、いろいろなユーザーが撮影した写真を見られるだけでも楽しいという声もあった。

SNSの普及もあってか、気軽に写真を撮ってネット上に公開するスマホユーザーは増えているはず。写真売買が当たり前になる日も近いかもしれない。
(小浦大生)


記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト