スマホ事件簿

来年にも「“折り曲げられる”スマホ」登場か

2016.06.13 MON


ついに、折り曲げることができるスマホが登場か? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
米Bloombergは6月7日(現地時間)、ある情報筋の話として、「サムスンが早ければ2017年初旬に“画面が折り曲げられる”スマホを発表する」と伝えている。

同記事によれば、サムスンは現在、2種類の“曲げられる”OLED(有機ELディスプレイ)搭載のスマホを開発中。1つは化粧コンパクトのように2つに折りたためるタイプで、もう1つは折り畳んだ時は5インチのスマホとして、広げると8インチ程度となり、タブレットとして使えるような端末だという。

この開発プロジェクトは「Project Valley」というコードネームで、情報筋は、いずれか一つ、もしかすると両方のタイプが早ければ来月2月にバルセロナで開催される世界最大の携帯電話関連の見本市「Mobile World Congress」で披露されるという見方を示しているようだ。

サムスンは2013年開催のCES(IT、家電関連の総合見本市)で、折りたためるディスプレイのコンセプト動画を公開。またサムスン関連のニュースサイト「SamMobile」によると、今年行われたディスプレイ関連のイベント「SID Display Week 2016」でも、折りたためるディスプレイのデモを実施したという。

Twitterでは、

「フラットな画面が接着する時点で『折り目、ヒンジ(※)』をどうするか気になる」
「2画面じゃなく一画面で折り畳むのか。折りたたみ部分にシワとかできないだろうか…?」
※固定した軸を柱として、一方向へ回転できるようにした機構のこと

と、詳細な仕様を気にする声があがるほか、

「大きくてもダメ小さくてもダメならこういうスタイルに落ち着くのかな。ガラケーも折りたたみのみになったし」
「二つ折りケータイが復活」

など、スマホにマーケットを奪われた感のある、ガラケーを思い起こす人も。

Appleも2018年には折りたためるiPhoneの発売も視野に入れている、という噂もある。いよいよ“画面を折りたためるスマホ”が現実となる時代がやってきそうだ。
(花賀 太)


記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト