効果は抜群!マウスポインターで宛先を“なぞる”

アナログか?ハイテクか?メール誤送信防止アプリ登場

2016.06.14 TUE

噂のネット事件簿


パソコン上で“指差し確認”。アプリ導入で誤送信が減少する!? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
KDDI研究所が7月1日から、メールの誤送信などの“事故”を防ぐアプリ「Nazori Mail Checker」を法人向けに提供を開始することを発表。これまでミスの多かった人からは支持する声があがる一方、その仕組みに面食らう人もいるようだ。

同アプリは、マイクロソフトの「Outlook」にアドインして使用するアプリ。メール送信時に、宛先や件名、添付ファイル情報をマウスポインターでなぞらなければ送信できない機能を搭載しており、確認漏れを防ぐ仕様となっている。

具体的な使い方はこうだ。まず「Outlook」でメールを送信しようとするとアプリが起動。宛先や件名など、確認が必要な部分が青く色付けされるので、そこをマウスでドラッグして“なぞる”。宛先のアドレスは、なぞることで名前のローマ字読みや組織名が自動表示され、確認しやすい工夫がなされているほか、添付データは開いて中身を確認する必要がある。また“なぞる”のが早すぎると、確認していないとみなされ、再度確認が必要になるなど、なかなか厳しいチェック機能だ。すべて確認し終わったら青かった色が薄くなり、送信ボタンが押せるようになる。

Twitterには、

「この仕組みは確かにイイかも!」
「この発想使えるな」
「最近何かと情報漏洩、セキュリティ問題とかいわれてるから、良いかもね」

と、これを評価する感想が投稿される一方で、すべて手作業と目視というアナログな確認方法に、

「指差し確認をアプリに組み込むのは驚いた」
「2016年の製品と思えないほど時代的だけど確認フローのルール化ができてよい…のか」
「(笑っていいのか感心していいのかわからないプロダクトだ・・・)」

と戸惑う声も。ちなみに同社によると、このアプリは、KDDIグループではすでに約2万台を超える業務用PCに導入しており、電子メールの誤送信は大幅に減少し、効果てきめんだという。

カスタマイズにより、送信前のメールを上司や同僚などとともに確認できる「第三者確認機能」を付加することも可能だという同アプリ。テクノロジーは進化すれども、結局最後は“人の目”に勝るものはない…のかも。
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト