スマホ事件簿

ライカレンズ搭載のSIMフリースマホ、注目浴びる

2016.06.14 TUE


フラッグシップモデル「P9」。カメラはもとより、キャリアアグリゲーション対応も魅力 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ファーウェイ・ジャパンは6月9日、ドイツの高品質カメラメーカー・ライカと共同開発したレンズ搭載のSIMロックフリーAndroidスマートフォン「Huawei P9」を6月17日に発売することを発表。ネット上では、ガジェット好きから興味を示す声があがっている。

「Huawei P9」は、ライカと共同開発したダブルレンズカメラを搭載していることが最大の特徴。素早く正確に被写体をとらえることができるハイブリッドフォーカスで、モノクロとカラーの2つのイメージセンサーにより、細部までくっきりとした高品質の写真を撮影できるほか、多彩な撮影モードを用意。

カメラ以外にも最新CPU「Kirin955」、3D指紋認証センサーなどの機能を備える。厚さは約6.9mmと薄く、重量は144g。カラーはミスティック・シルバー、チタニウムグレイの2色展開だ。またSIMフリースマホには珍しく、下り最大速度262.5MbpsのLTEキャリアアグリゲーションにも対応する。

2016年5月には、日本のスマートフォン全体の出荷台数が、アップルに次いで2位になっているというファーウェイは、業界でも注目度は高い。今回は世界的なカメラメーカー・ライカのレンズが搭載されるということもあり、Twitterにも、

「ファーウェイはAscendシリーズがずっこけたイメージがどうもあるんだけど、P9はフラッグシップとしては申し分のないスペックと見受けている
SIMフリー版が59800円だが、それだけの価格に見合う性能だろうか?」
「うは。やば。次のスマホはHuaweiのP9にしようかな!!決め手はキャリアアグリゲーション対応!!」
「ファーウェイ、ライカ、、、気になる」
「スマートフォンに高性能のカメラは不要と考えている人間だが、興味はあるね」

と、そのスペックに早速注目する声が見られる。

Huawei P9と同時に発売が発表された廉価版「Huawei P9 lite」は、Huawei公式オンラインストア「Vモール」のほか、家電量販店、通販サイトで販売する。MVNOでは楽天モバイル、イオンモバイルなどが取り扱う。各サイトではキャッシュバックキャンペーンなども行っているので気になった人はチェックするとよいだろう。
(花賀 太)


記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト