スマホ事件簿

鼻歌で曲名が分かる「歌っちゃお検索」の実力は?

2016.06.20 MON


「曲の途中からでもOK」「キーが違ってもOK」とのことだが… ※この画像はサイトのスクリーンショットです
「メロディは分かっているものの、曲名が出てこない」ということはよくあるもの。ヤマハが、鼻歌レベルの歌でも曲名が検索できるiOS対応アプリ「歌っちゃお検索」をリリースした。

ピアノ、管楽器、ギター、ドラムなどの楽器メーカーとしても知られるヤマハは2014年、タッチスクリーンに表示された鍵盤で単音のメロディを弾くだけで、そのメロディを含む楽曲を高速かつ簡単に検索できる「弾いちゃお検索」というアプリをリリース。そして今回リリースされた「歌っちゃお検索」は、「弾いちゃお検索」に歌うだけで曲名を検索できる機能を追加したバージョンアップ版だ。

使い方は簡単だ。アプリをダウンロードして起動し、「歌ってさがす」か「弾いてさがす」かを選ぶ。マイクあるいは鍵盤のマークが現れるので、それをタップして検索開始。メロディで検索するため、歌詞がわからなくてもよく、メロディを忘れたり、歌が途中で止まったりしてしまっても、再び続きを歌い始めればそれまでのメロディも考慮して検索する優秀さ。検索した楽曲は、10秒程度の試聴も可能だ。

これまでにも似たようなアプリは存在したが、それらは人が数秒程度歌った後に1回だけ検索が行われるため、意図した結果が得られない場合、最初から歌い直す必要があった。しかし「歌っちゃお検索」は、ヤマハが開発した「高速逐次検索技術」を使用。歌うだけで曲名を素早く検索し、歌い進めていくと、それまでに歌ったメロディに合う楽曲をどんどん表示しながら曲名を絞り込んでいくという。

「あの歌なんだっけ?」と悩んでいる人は思いのほか多いようで、ツイッターには、

「これは絶対に必要だと思ってた♪」
「これ前から欲しかった」

といった声が寄せられているが、一方で

「これ面白いですね。 ただ、私壮絶な音痴で、機械にまでディスられそうな予感がビンビンにしますがw」

という心配も…。

ということでR25スマホ情報局編集部でも歌唱力に自信のない編集部員が、「ぞうさん」を試してみたところ、鼻歌では「愛してる」(中島美嘉)、「ア・イ・シ・テ・ルのサイン」(Dreams Come True)、「YOUNG MAN」(西城秀樹)等々…。しつこく歌い続けると、続々と候補曲が表示されるのだが、なかなか「ぞうさん」は登場しない。

歌詞付きで歌ってみても「晴伝説」(湘南乃風)に続いて、「レット・イット・ゴー」(イディナ・メンゼル)、「古風なメヌエット」(ラヴェル)、「せんろはつづくよどこまでも」(アメリカ民謡)とワールドワイドな結果に…。意地になって歌い続けていると、しまいに「フランス国歌」なるものも登場。途中、「ツェルニー30番N0.24」(ツェルニー)や「威風堂々第1番」(エルガー)など、ピアノ教材曲やクラシック曲もバンバン出てくるのは、さすがヤマハといったところではある。

「思い出したいけど、思い出せない。思い出す方法もわからない」という、これまで多くの人が抱えていた悩みは、テクノロジーの進歩により確実に解決に近づいているようだが、ゆくゆくはぜひ音痴対応もお願いします!
(金子則男)


記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト