読み放題、聴き放題が日本でも可能に

月額1000円「Kindle Unlimited」 また間違って公開?

2016.06.22 WED

噂のネット事件簿


日本上陸が待たれる「Kindle Unlimited」 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
6月18日、Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」の日本語を使用した関連ページが登場し、ネット上で“いよいよ日本でサービス開始か”と注目されていたものの、20日には削除されていたことが話題だ。

「Kindle Unlimited」は、月額9.99ドルで、100万冊の電子書籍や1000冊のオーディオブックが読み放題・聴き放題になるサービス。Kindleだけでなく、iPhone・iPad・Androidなどのスマートフォンやタブレットでも専用のアプリをインストールすることで利用することが可能で、海外では2014年にスタートし、日本での展開も待望されている。

この情報は、Amazon Product Advertising APIから、キンドルの公式セール情報を取得し、開始前のKindleセール情報をいち早く紹介する「キンセリ」がつかんでいたもの。 「キンセリ」によればAmazon.co.jpに、「Kindle Unlimited」の関連ページとして「ストアおすすめ」「新着タイトル」「読み放題ジャンル」「洋書読み放題ジャンル」の4つができていたといい、これを知ったTwitterユーザーの間では、

「いよいよですかね。どの業界も変わらざるを得ませんね。」
「これはわりとガチっぽいですねえ」
「おお、本当にKindle unlimitedの専用ページが準備中ぽい?」
「期待大」

など、期待する声があがっていた。しかしその後「キンセリ」は、これらのページが20日0時に削除されていたことを報告。ただ、「レコメンド」「New」「その他」「Browse」「TOP」というカテゴリはあるといい、サービスの日本展開が期待できるのは変わらないとしている。

「Kindle Unlimited」は、2014年の海外版のサービスローンチの際にも“間違って公開された後、非公開に”なったという事件があった。今度こそはただのフライングで、サービスインも近いと思いたいのだが、どうだろうか。

(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト