ゲームを華麗にプレイ

Google人工知能「賢いDQN」にネット困惑

2016.06.23 THU

噂のネット事件簿


隅っこを狙ってハイスコアをゲットするなど、高度な技も見せる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
Googleが、現在開発中のゲーム専用人工知能「DQN」の成果を発表。優れた能力に驚きの声が上がるとともに、そのネーミングにツッコミが入れられている。

Googleは今年3月、コンピューター囲碁プログラム「AlphaGo」で、数々のプロ棋戦優勝の実績を持つ棋士イ・セドルを打ち破ったばかりだ。そんなGoogleが進めるプロジェクトは、人工知能「DQN」(deep Q-network)に、一切の予備知識なしにテレビゲームをプレイさせ、より高い得点を取る方法を学ばせるというもの。対象となったのは、1970年代のアメリカのテレビゲーム「アタリ2600」だ。

DQNの学習能力の高さは、YouTubeに投稿された「Breakout(ブロックくずし)」のプレイ動画を見れば一目瞭然だ。100回目のプレイでは、ブロックに跳ね返ったボールを1回打ち返すのがやっとだったが、「400回目」では、着実にボールを打ち返す成長ぶりを発揮。そして「600回目」では、端のブロックを集中的に狙い、効率的にブロックを壊す方法を習得している。

しかし日本のネットユーザーの反応は、米Googleの開発陣が思いもよらないであろうものになっている。というのも、日本のネット界で「DQN」といえば、「ヤンキー」「非常識な輩」などを表すネットスラング。ネット界隈では、もはや一般的な言葉として、「DQN」という単語は広く使われている。

それゆえツイッターには、

「どんな成長を遂げるか、楽しみでならない」
「『たけしの挑戦状』とかはどうなんでしょうね」

と、“本筋”での感想も寄せられているものの、

「ネーミングが、DQN って、、、、」
「人工知能の名前もうちょっとましなの無かったんですかね…」
「何よりもネーミングが素晴らしい」
「日本のDQNと違って、GoogleのDQNはすごいなぁ」
「記事の内容よりもDQNという単語のインパクトだけで頭がいっぱいに」

など、大多数の興味は「DQN」というネーミングに集中。賢いDQNの登場に、多くのネットユーザーが困惑している。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト