スマホ事件簿

幸福感高めるアドバイスをするAI 「婚活への転用」期待も

2016.07.04 MON


日立製作所は、幸福感向上のためのアドバイスを自動生成するAIを開発
※この画像はサイトのスクリーンショットです
日立製作所が、AI(人工知能)を活用し、働く人の“幸福感”を向上させるアドバイスをする技術を開発し、日立グループ営業部門の従業員600人を対象に実証実験を開始した。

首からさげる名札型のウェアラブルセンサーで従業員の行動データを取得。そのデータを、「Hitachi AI Technology/H」と呼ばれる人工知能で分析し、各個人にカスタマイズされた幸福感向上のためのアドバイスを作成。スマホやタブレット端末に自動で送信するという。

具体的には「Aさんとの5分以下の短い会話を増やしましょう」「上司のBさんに会うには午前中がおすすめです」といったアドバイスがスマホ上で表示されるとのこと。それを実行することで従業員の幸福感が増し、生産性も高まるのだとか。

AIで従業員へのアドバイスを自動作成するというこの試み。ツイッターでは、

「すごい、じぶんもこれでハピネス度高めたい」
「日立のAIの活用法はニッチでユニーク。経営判断をサポートするAIも衝撃だった。今回は特に日本企業にらマッチしそう」
「ダメな管理職よりAIにマネジメント任せた方がいいかも」

など、期待するとの声もあるが、

「コンピュータに操られているみたいで嫌だな~」
「…これって…『機械に人間が使われている状態』じゃない?」
「機械にそんなこと指図されたくないし、それ以前に職場の人間関係とか把握されたくないし」

と、AIに管理されているようで抵抗がある、というネットユーザーも少なくなかった。ほかには、

「婚活パーティに取り入れたら話題になりそう」
「星新一の小説みたいな世の中になってきた。それより、人口知能が仲人する結婚相談所どうかしら」(原文ママ)

と、ビジネスシーンだけでなく、婚活において最適な行動をアドバイスするためにAIが活用できるのではないかという提案もあった。

どんどん進化を遂げていくAI。いろいろなシーンでAIのアドバイスを受けることが当たり前になる日も近いのかも?
(小浦大生)


記事提供/『R25スマホ情報局』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト