駆け込み対応で不具合も…

Win10アプグレ無償期間終了 通知停止ですがすがしい?

2016.08.01 MON

噂のネット事件簿


Windows10無償アップグレード期間の終了を告げる画面 ※この画像はスクリーンショットです
ネット上で「ゴリ押しがひどい!」などと話題になっていた、Windows 7/8.1からWindows 10への無償アップグレードが、7月29日(金)に終了。Windows 10は、当初その不安定さが指摘されたことや、“いつの間にかアップグレードする”“しつこくアップグレードをすすめてくる”などといったやり方に、多くのユーザーがストレスを訴えていた。しかし“7月30日以降は有料”になることが認知されると、無償期間中にアップグレードしたくなる人も多数いたようだ。

Windows 10は、無償アップグレード期間中にアップグレードしておくと、1カ月以内なら元の環境に戻せる。また戻した後でも、一度アップグレードしたPCはいつでもWindows 10に無償でアップグレード可能。そのため、Twitterには、

「Windows10には一応アップグレードしておいた(バックアップは一応取ってある)」

と、とりあえずアップグレードした人も散見された。また、“重たい”ことを訴える声も多く、

「Windows10入れようとしてるけど、ダウンロードがすすまねぇ・・みんな入れようと渋滞おきてんのか、単に重たいのか」
「windows10のアップグレードが90%からだんだん重くなって98%から99%に1時間。そして99%で固まったっぽい。いつ終わるのかな、これ」
「サブPCをwindows10にしようとしたらそのままフリーズしてお亡くなりあそばせた」

といった投稿が続出していた。ただ、なかには、

「Windows10にアップデートしてやろうとしたらなんかエラーとかばっかりでアップデートできないからもういいや、どうせ次のPC買う時には勝手なってるでしょ」(原文ママ)
「うちは一台先行で入ったけど、あとはPC買い替え時でいいや~」

と、アップデートはせず、次の買い替え時まで現行のまま使うという声も見られる。一方で、頑なにアップグレードを無視したユーザーからは、

「やっとWindows10の無償アップグレードのポップアップが出なくなったw
これで幸せに暮らせるw」
「Windows10無料アップデート期間が終わった。これであのアップデート強要から逃れられる。我々は勝ったのだ」
「(´・_・`)これでWindows10の催促から解放されるんやな…」
「職場のPCにWindows10へのアップグレード通知が来なくなってすがすがしい気分になっている」

と、アップデートを促すメッセージが出なくなることに対し、安堵(?)の声も。

さまざまに物議をかもしたWindows10。ようやく話題にのぼることも少なくなりそう?

(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト