スマホNEWS&TOPICS

【LINE】過去のトークや画像を検索する方法

2016.08.10 WED


LINEでグループトークが長くなると、会話が埋もれてしまうこともしばしば。「今度の飲み会の場所どこだったっけ?」などと、スクロールを繰り返しながら必要な情報を探すのは面倒だったりする。しかし、実は、スクロールをしなくても簡単に過去のトークや画像を探せる方法があるのをご存じだろうか。

そこで、『できるポケット これからはじめるLINE基本&活用ワザ』の著者・コグレマサトさんに、グループトークで使える小技を教えてもらった。

■過去のトークを検索する方法

「トーク一覧」の画面上部の検索窓にキーワードを入力すると、関連するトークやグループトークの一覧が表示される。そこからメッセージを開くと、探していた会話が出てくるのだ。

例えば、飲み会の「開催場所」を忘れた際は、検索窓に「開催場所」と入力すると、個人やグループに限らず、メッセージに「開催場所」の文字が入っているトークの一覧が表示される。そこから指定のグループを開くと、探していた「開催場所」の文字が入ったメッセージ(各トークで最も新しく使われた「開催場所」)が表示される。

■過去の画像を検索する方法トーク画面の右上の矢印からメニューを開いて「写真」を選ぶと、写真の一覧が表示される。ただし、2週間を過ぎると削除される場合があるので、必要なものはダウンロードするか、アルバムに入れておくのがベター。

■頻繁に投稿する画像は「Keep」に保存スタンプの代わりのように頻繁に利用する画像がある場合、毎回端末から選択するのは面倒なもの。そんな時は、画像を「Keep」に保存しておくと便利。「プロフィール」画面から「Keep」に進み、右上の「+」をタップして、端末から必要な画像を保存すればOKだ。

■よく使うテキスト(定型文)も「Keep」に保存

また、あまり知られていないが、テキストも入力して保存することができる。例えば、「お疲れ様です、●●です」「申し訳ありませんが、■分遅れます。よろしくお願いいたします」など、仕事上で使う定型文をあらかじめ入れておくと使い勝手がよい。

なお、実際に使う場合は、トーク画面の左下の「+」をタップして、メニュー画面の「Keep」から写真やテキストを選べばすぐに投稿できる。

ちなみに、「Keep」という機能は上記以外でも、備忘録代わりにもなる。トーク画面の写真やテキストの保存が可能なので、例えば、グループラインに投稿された飲み会の詳細を「Keep」に保存しておけば、グループラインをたどらなくても、「Keep」から確認できるわけだ。また、「Keep」の内容はPC版と同期しているので、PCから保存や投稿ができるのも便利だ。

これらの小技を使えば、時間短縮になるし、動作もスマートに。上手に活用しよう!

(赤木一之/H14)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト