スマホグッズ探偵団

高画質スマホ用プリンタで、チェキプリントを「シェア」

2016.08.12 FRI


写真、といえばプリントしたものでなく、デジカメで撮ったデジタルデータを指すようになった今日この頃。デジタルならSNSやメッセンジャーで気軽にシェアできるので大変便利ではありますが、それでも紙にプリントした写真の良さは依然としてあるのも事実です。いつも目につくよう部屋に飾ったり、思い出としてプレゼントしたりするには、やはり再生装置のいらないプリント写真が適しています。

そんな時に便利なスマホ用プリンタが、富士フイルムの『スマホ de チェキ instax SHARE SP-2』です。

こちらは、ご存じインスタントカメラ“チェキ”のフィルムを使って、スマホ内の写真を専用アプリから無線で送信してプリントできる小型プリンタの最新版。プリントする写真は事前にスマホ画面で確認できるのでベストショットをプリントでき、また同じ写真をボタン1つで何枚もプリントすることもできるといった初代の長所はそのままに、多くの点で進化を遂げています。

その大きなポイントが640×480ドット(254dpi)から800×600ドット(320dpi)へと高画質化したプリント品質。これにより、従来品よりずいぶんクッキリとした仕上がりとなりました。

また、出力時間も約16秒から約10秒へとスピードアップ。読み込める画像フォーマットもJPEGにくわえてPNGが扱えるようになっています。

さらにリチウム電池2本から、専用の充電式バッテリーに変更されたことで、より便利になったのも特筆すべき点。ソリッドなデザインは男性でも所有したくなるような仕上がりです。

あらゆる面で魅力が向上したinstax SHARE SP-2。筆者も「いよいよ買いかな」と思っています。

(熊山 准)『スマホ de チェキ instax SHARE SP-2』(富士フイルム/実勢価格:2万2500円)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト