スマホグッズ探偵団

GPS まで入った“全部入り”の活動量計

2016.09.17 SAT


健康に気を使っている人のなかには、リストバンド型の活動量計を着けている人も多いでしょう。最近では、歩数や移動距離、消費カロリーはもちろんのこと、睡眠量や脈拍を測って、スマホにデータを記録する高機能タイプも増えてきています。そんな高機能な活動量系のなかでも、“全部入り”で使い勝手抜群なのが『vivosmart(R) J HR+』です。

『vivosmart(R) J HR+』は、心拍数、歩数、移動距離、上昇階数、消費カロリー、睡眠状態を測ることができるリストバンド型の活動量計。しかも、消費カロリーは移動距離から測るのではなく、心拍数を利用して測るので精密な計測が可能となっています。また、GPS を搭載することで、より正確なランニングやウォーキングの距離に加え現在のペース情報も測定できることで、効率的なトレーニングに適しています。

さらに便利なのは、余計な手間がかからないこと。例えば、一度スマホと接続すれば、データ同期は自動。無料アプリにさまざまな情報が記録されます。さらに、ウォーキング、ランニング、サイクリング、スイミングなどのアクティビティを自動で判別し、運動強度を測定してくれるのも嬉しい機能です。

忙しさにかまけて、つい運動をサボってしまう人なら、一日を通して体を動かした時間が1 時間に満たない場合、振動とメッセージでアラートが上がり、運動を促してくれる機能が役立つかもしれません。

ちなみに、ディスプレイには計測した数値以外に、スマホに届いたメッセージ、ソーシャルメディアや通話の着信も表示してくれるので、トレーニング中でも大事な連絡を逃すこともありません。

自らの活動量や運動量を正確に知れば、運動不足が気になり、適度に体を動かす習慣付けにつながります。最近、体がたるんできたと感じている人にはオススメのデバイスですよ。

(コージー林田)

『vivosmart(R)J HR+』(GARMIN/価格:2万6800 円)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト