スマホグッズ探偵団

充電ケーブルを内蔵したモバイルバッテリー

2016.09.25 SUN


会社用と個人用など、スマホを2台持ちしている方も多いでしょう。iPhoneとAndroidの2種類のスマホを持ち歩いていると、面倒なのがモバイルバッテリーとの接続。バッテリー本体のほかに、iPhone用とAndroid用の充電ケーブルをそれぞれ持ち歩かなくてはいけません。

その面倒さを解消してくれるのが、その名も『オールインワン モバイルバッテリー』。モバイルバッテリーの側面にUSBケーブルとmicroUSBケーブルが内蔵されているんです。

USBケーブルはモバイルバッテリー本体の充電に、microUSBケーブルはAndroidスマホの充電に使用します。iPhoneを充電する場合は、付属のLightning変換アダプタをmicroUSBケーブルに繋げばOK。Lightning変換アダプタも本体上部に格納できるので、これ1つあれば「バッテリーはあるのにケーブルを忘れた…」という悲劇を避けられます。

スマホとほぼ同サイズのスリムなボディながら、バッテリー容量は十分。電池容量1800mAhのスマホ(iPhone 6sなど)なら、約1.8回の充電が可能です。出力は2.1Aあり、スマホの急速充電やタブレットの充電にも対応。電池残量がわかるLEDインジケーターもついています。

複数のケーブルとバッテリー本体が1つにまとまれば、カバンの中もスッキリ。2台のスマホと共に、モバイルバッテリーもスマートに持ち歩いてみてはいかが?

(井上マサキ)

『オールインワン モバイルバッテリー』(Hamee/価格:5400円)

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト