ケータイコンテンツの価格破壊

月額315円でゲームも着メロも遊び放題のコナミネットDX

2004.08.05 THU

携帯電話といえば、着メロとゲームが二大コンテンツ。でも限られた小遣いのなかでは、欲しいコンテンツも厳選して選ばなければならない。通話料やら通信料やらをあわせれば、携帯はけっこうな金食い虫、有料サービスに二の足を踏む人も(とくにオトコには)多いのではないだろうか。そんな人にすすめたいのが、コナミオンラインが運営する「コナミネットDX」というサービスだ。

「コナミネットDXでは従来から月額のゲーム配信を行っていましたが、着メロ好きな方にもゲームの楽しさを知っていただこうと、今回のサービスを始めました。月額315円でゲームは遊び放題、着メロは1万曲以上の中から、毎月10ポイント分の曲をダウンロードできます」(コナミ広報)

まるでケータイコンテンツの価格破壊のような大盤振る舞い。とはいえ「遊び放題」でもコンテンツが貧弱ではしようがない。そこで早速アクセスしてみると、これがなかなかの充実ぶり。グラディウスにツインビー、パワフルプロ野球、Dance Dance Revolutionなどなど、往年のヒットゲームがズラリと並ぶ。

『三日盆栽』という待ち受けアプリも面白い。盆栽に種を植え、ジャスト3日後に1分間だけ花が咲く。成長の間にも盆栽周辺で「ちっちゃいドラマ」が演じられ、すべてのシーンを見た人には衝撃のラストとともにストーリーが浮かびあがってくるという仕掛けだ。

さて、オトク度満点なコナミネットDXだが、注意点としては、iモード、ボーダフォン、EZwebというキャリアの違いによっても、またそれぞれの端末機種によっても、プレイ可能なゲームが違ってくること。現状ではiモードが最も充実、ボーダフォンにはまだ着メロサービスがなく、「9月配信予定」(同社広報)とのこと。コナミネットのサイトを確認の上、楽しい携帯ゲームライフを送っていただきたい。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト