どんな疑問もみんなで解決!!

ネット上の“巨大頭脳”「知識検索」サービスはすごい!!

2004.09.09 THU

「砂浜には、ときどきイチ○ク浣腸のカラ容器が落ちています。どうしてですか?」など。人間誰しも、ひとつくらいはこんな“疑問”を抱えて生きているものである。あぁすごく知りたい…、でもこんな疑問って、どうやって調べればいいのかしら?と、毎晩眠れぬ夜を過ごしてきたアナタに超朗報。昨今の目覚ましいITの進歩により、こんな疑問にも軽々と答えてくれるサービスが、先ごろついに誕生したのである。

冒頭にあげたような素朴な疑問をはじめ、法律相談のような真面目な質問や、かなり深刻な人生相談まで。日常で生まれるありとあらゆる質問に会話形式で答えてくれる、画期的な新サービスの名前はズバリ「知識検索」。先日、ヤフー・ジャパンが会員向けに「Yahoo!知恵袋(ベータ版)」をオープンしたことなどで、国内でも本格的に普及する気配をみせている。

画期的な新サービス、とはいっても、実のところ知識検索サービスの“シカケ”は、いたってアナログ。利用者から発せられた質問に対し、その答えを知っている他の利用者が回答する、という相互扶助精神をベースとした、掲示板の発展形にすぎない。

しかし、そこは多種多様な人々が集うインターネットのこと。まさに“三人寄れば文殊の知恵”方式で、どんな質問に対しても、なんらかの回答や意見が寄せられるのだ。もちろん、寄せられた質問の中には、アナタが答えられるものもある。回答を書き込み、質問者から感謝の言葉が寄せられたりすると…、これがまぁ、なかなかに快感なんですな。今日び、見知らぬ誰かのお役に立てる機会など、そうめったにはないもの。ネット上の巨大な“頭脳”の一部となり、互いの見識を広げまくるこの知識検索サービス。今まで晴らすことのできなかった疑問をぶちまけてはいかがでしょう? ちなみに、冒頭の質問に対する回答は「違法に海洋投棄された医療廃棄物のうち、水に浮く浣腸の容器が砂浜に流れ着くから」だそうです。う~ん、納得??

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト