何もないところに突如、キーボードが出現!?

未来のアイテムが日本初上陸!!バーチャル・キーボード

2004.10.07 THU

バーチャルって言葉を聞くと、ものすごい未来を想像してしまうのは僕だけですか? たぶん『マトリックス』の影響が大きいんでしょうね。しかし、先日これぞバーチャルというアイテムを見つけたんですよ。その名もバーチャル・キーボード。

このバーチャル・キーボードは、主にPDAなどに接続し、その文字入力をサポートするために開発された商品。出先でのメールチェックやスケジュール管理にPDAを活用している人も多いのでは。ネットにも接続できるし、小型のわりにはさまざまなアプリケーションが搭載されていて、確かに便利ですよね。でも、PDAの最大のネックといえば、その小ささ故に問題となる文字入力の煩わしさ。ペン入力が基本だから、短い文章程度なら苦にならないけど、少し長めの文章になるとお手上げだ。そんな文字入力のイライラを解消してくれるのが、バーチャル・キーボードというわけ。

とはいえ、バーチャルというわりには、ライターのような本体がちゃんと存在するし、いったい何がバーチャルなのよとツッコミを入れたくなる。その答えは、電源を入れると明らかになる。PDAに繋いだ本体から、赤外線が照射され、何もなかったはずの場所に、キーボードの文字配列が出現するのだ。そして、赤く映し出された文字盤のところを指で押すと、カチカチという音とともに確かに文字が入力される(もちろん、実際にボタンを押すわけではないので、押すフリをするというのが、正しい表現)。ボタンを押す手応えがないので、最初は戸惑うし、慣れるまでに少し時間がかかる。加えて、本物のキーボードよりは入力が遅いという問題もある。

でも、そんなマイナス面を考慮しても、場所を気にすることなくキーボードが使えるというのは魅力的。それに、何といっても目立てる。おもむろにバーチャル・キーボードを取り出して入力を始めれば、周囲の目はきっとあなたにクギ付けですよ。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト