21世紀のビジネスマン必須ツールはこれ!

チャットなんてもう古い!?メッセンジャーの時代が到来?

2005.04.21 THU

「ちょっとニュースでも覗いてみるか~」なんて、ポータルサイトを開くと、「メッセンジャー」という言葉をよく見かける。使ったことがなくても何となく想像はできるが、このメッセンジャーって、本当はどんなサービスなのか知っていますか? 携帯電話でのメールのやり取りが進化したもの、と考えるとわかりやすいかも。お互いのアドレスを登録し合っていればリアルタイムに会話が楽しめちゃう。メッセンジャーとは、いわばメールとチャットの中間的でいいとこ取りしたメッセージ交換ソフトなのだ。

最近はこのメッセンジャーが、チャットに代わってリアルタイムコミュニケーションの主流となっているそう。国内に477万人以上の利用者を抱え、75%という圧倒的なメッセンジャーシェアを誇るMSNでは、5月にチャットサービスを停止する。

「チャットは第三者が主催するパーティーに無防備で参加するようなもの。傷ついたり、余計に個人情報が漏れてしまうことがあります。またわいせつ行為も深刻。安全性確保のために年齢制限をしたり、段階的に規制を設けてきたのですが、それらの問題を撤廃するのは困難です。そこで、メッセンジャーやブログがネットユーザーの主流になっている今、思い切ってチャットの停止に踏み切りました」(MSN事業部・土肥亜都子さん)

メッセンジャーのメンバーは全員合意の上でのお付き合い。主導権は本人同士になるので、安全性が確保されるのだ。

またメッセンジャーは、ビジネスシーンでもかなり使えるツール。最大20人と同時に会話ができ、かつ大きなファイルを送受信・共有可能なので、メッセンジャー上で会議を開ける。先方と日程を調整して落ち合わなくてもいい分、時間のロスが激減ってワケだ。マジメに仕事をしながら彼女と「今夜は何食べに行く?」なんてアフター5の相談をするにも◎。仕事に遊びに大活躍なメッセンジャー。使いこなせればめっちゃ便利です。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト