昼休みはネットでニュース番組をチェック!?

映像コンテンツの無料配信が続々登場!

2005.06.09 THU

「残業が多くて、家でテレビを見る時間があんまりないんだよね…」というあなた、職場のパソコンでも見られる無料の映像配信サービスをご存じだろうか?

これまでネットの映像コンテンツは、月額数百円の視聴料を支払って視聴するのが一般的だった。しかし、本格的なブロードバンドの普及によって、広告料金だけで映像配信サービスを運営できるビジネスモデルが確立しつつあるのだ。

たとえば、USENが4月にサービスをスタートさせた完全無料のパソコンテレビ「GyaO(ギャオ)」。会員登録では本名を入力する必要はなく、手軽に映像が視聴できる。試しに、アニメ「あしたのジー」をクリックしたところ、合計約1分のCMを見るだけで1話(25分)の映像が再生された。これはハマりそう…。

USENの広報担当・岡根さんによると、アニメや映画など定番モノ以外では、コンパクトにまとめられたニュース番組が若いビジネスマンを中心に好評だという。

「ニュース番組は、TBSより『News i』の映像を提供いただき、その日の主なニュースを随時配信しています。また、欧州のニュース番組で流れたサッカーの試合結果の映像も視聴できます。昼休みや休憩時間にチェックするビジネスマンが増えているんじゃないかと思います」

どうやら、GyaOのような無料映像配信サービスは、好きな映像を好きな時間に視聴できる「ネット版ハードディスクプレーヤー」になりつつあるようだ。

「現在、GyaOでは『ビジネス』コーナーにて完全オリジナルのビジネス情報番組を制作・配信しています。今後は新たな視聴者獲得に向け、USEN独自の情報番組を制作していきたいですね」(岡根さん)

ビジネスマンたるもの、ネットのニュース映像でいろんな情報をチェックするのが当たり前の時代になるのだろうか…。でも、就業時間中にアニメを観てサボっちゃダメですよ。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト