海外旅行の強い味方が登場

「Global NAVITIME」を使い見知らぬ土地を鮮やかに歩く

2005.08.25 THU

「アアア、アイワナゴー、マイ、ホテール」=「僕は僕が泊まっているホテルに帰りたいのです」と言っているつもり。でも通じない。はなからそんなこと言えない。

ただでさえ(日本語でさえ)、見知らぬ土地で見知らぬ人に何かを聞くのがニガテな人は多かろう。それが海外で、ということであればなおさらのことであろう。

だから「Global NAVITIME」なのである。

出発地から目的地までの最適なルート検索(=電車と徒歩とクルマを見事に使い分け、出発地からその最寄り駅、そして目的地の最寄り駅から目的地までのパーフェクトな経路を検索してくれる。長いけどこういうこと)をケータイで提供するNAVITIMEが海外でも使えるという話である。それが「Global NAVITIME」。8月からスタートしたこのサービス、現時点でハワイ、アメリカ本土、イギリス、フランス、ドイツの4カ国5エリアで使用可能だ(もちろん対象エリアは順次拡大予定)。

特徴は、現地語だけでなく日本語でも入力できること。現地語の綴りがわからなくても、日本語で検索でき、日本語の説明を読むことができるという寸法である。

ルート検索のほかにも使える機能がかなり充実。ケータイでコンパクトだし。たとえば…通貨、時差、物価目安、チップなど旅行先での基本情報が満載。宿泊ホテル周辺のスポット(ショップ、レストランなど)も検索可能。現地で開催されるスポーツ、ミュージカルなどのイベント情報…など、など。ガイドブックとしての要素を多分に含んでいる。

当然のことながら「Global NAVITIME」は日本国内にいながら利用可能だ。つまり海外ローミング端末(海外でインターネットができるケータイのこと)でなくてもよい。今持っているケータイが、旅行の計画を立てるための武器となるのである。

夏休みからはちょっとずれたが、9月は3連休が2度。「Global NAVITIME」で充実の海外レジャーを是非。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト