MOVABLE TYPE、RSS、フルブラウザ…

知っておけばITに強く見られる?「最新っぽい単語」プチ研究

2005.09.08 THU

「ポッドキャスティング」のように、昨今のPCや携帯電話では、なじみの薄い「新語」が登場します。しかも、時間が経つと、その単語の意味がちょっと変わったり、呼び方も微妙に変化したり…。

たとえば、今でこそ広く認知された「ブログ」。そもそもは「ウェブ」において「ログ」がどんどん溜まっていくホームページ=「ウェブログ」だったのに、略称である「ブログ」が広まりました。しかも、ブログはホームページの一形態なのに、ホームページを簡単に作れる「ツール」なんて解説されることも…。余談ですが、ブログを作成するツールは「MOVABLE TYPE」(シックス・アパート社)のようなブログ作成ソフトを指すのです。ちなみに「モバイルタイプ」ではなく、「ムーバブルタイプ」と読みます。当初、IT業界でも読み間違えていた人が多かったので、この際バッチリ押さえときましょう!

また、本誌では「ブログ時代の新便利ツール RSSリーダー」(05年5月12日号)という記事を掲載しましたが、マイクロソフト社はRSSの代わりに「Webフィード」という新語を使いはじめました。この背景には、RSSのようなアルファベット略語はなじみにくいというのがあるようです。まあ、その機能が僕たちエンドユーザーに伝われば、名称なんてどうでもいいわけですが、新語として知っておくのも大切ですよね。

一方、携帯電話では最近、「フルブラウザ」が注目されています。これは、PC用のサイトを携帯電話で見られるようにするHP閲覧ソフトのこと。最新の携帯電話には標準装備されていたり、「jigブラウザ」のような専用ソフトを携帯電話にインストールすれば使えるようになります。

駆け足で「最新っぽい」単語をいくつか拾いましたが、ITの新語なんて日々生まれるし、すぐ消えるもの(笑)。今後も知っておきたいキーワードを随時取り上げますのでお見逃しなく!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト