FLASH職人の新作をオフラインで観る!

“マイアヒ~♪”も参加する『flash★bomb'05』が開催!

2005.09.16 FRI

以前本誌でも紹介した、ネット上で観られるアニメーションソフト『FLASH』で映像作品を作る製作者。その名も“FLASH職人”たちの新作を、大画面&大音量で上映するライブイベント『flash★bomb '05』が、今月の23日、1200人規模の会場である世田谷区民会館で行われる。

ネットではもちろん、コンビニや電車内の広告用モニターでもFLASHムービーは使用され、映像ツールとしても注目されている。また最近では、OL兼職人である、わた氏が作った『Dragostea Din Tei(恋のマイアヒ)』FLASHをネットで勝手に公開していたところ、エイベックスの目に留まり、日本でリリースする際にPVとして使用されブームにもなった。

「以前だったら、職人が勝手に既存の曲を使ってFLASHを公開した場合、単に音楽会社に見つかって怒られていただけでした。しかし現在、企業側が『面白いじゃない』と、プロモーションに使用したり、『もっと面白い作品を作るFLASH職人はいないか?』と注目しはじめています。ネット上は今、才能の宝庫ですから」(『flash★bomb '05』運営『muzo』代表・長田恒司氏)

そんな才能あふれる職人たちがネットを飛び出して、オフラインで最新作を発表する『flash★bomb '05』。その魅力とは?

「マイアヒに代表される、『頑張れば自分でも作れるかも』と思えるような簡単で可愛いFLASHから、ビデオクリップを観てるかのようなクオリティの高いものまで、作家性の高い作品が次々と公開されます。まるでFLASH版ロックフェスですね。ライブ感も大事にしているので、笑ったり泣いたり、息をのんだりして思いっきり盛り上がってください」(同氏)

参加する職人は総勢28名。マイアヒFLASHの作者わた氏も新作を持って参加するそう。今年の秋分の日は、職人たちの最先端の映像を見に世田谷で盛り上がってみては? 

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト